古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ドイツ史上最悪の連続殺人か、元看護師が84人殺害認める

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/29

[フランクフルト 28日 ロイター] - ドイツ北部で、患者2人を殺害した罪で服役中の元看護師の男が、他に少なくとも84人を殺害した疑いがあると、警察が28日明らかにした。

この男は、当局によって「ニールズ・H」とだけ明かされている。警察は男が「多くの事件で犯行を自供した」と発表。ただ、自らの犯行の詳細を覚えていないという。確認されれば、単独犯による連続殺人としては同国史上最悪の犠牲者数に及ぶ可能性がある。

地元の放送局によると、これまでの審理で男はドイツ北部にある診療所2カ所で、患者にわざと危険な薬物を注射し、救命活動を行うことで英雄視されようとしていたと認めていた。

2015年に男はオルデンブルクの裁判所で、2件の殺人と2件の殺人未遂で有罪判決を受けた。

警察は28日、オルデンブルクとデルメンホルストの病院で死亡した患者について、男が関与した134人の遺体を掘り起こして捜査を開始していたと発表した。

ドイツ史上最悪の連続殺人か、元看護師が84人殺害認める © REUTERS ドイツ史上最悪の連続殺人か、元看護師が84人殺害認める

警察によると、このうち41人の毒物検査は完了しておらず、犠牲者の数はさらに増加する可能性もあるという。

また検察は、男の行為に気付いていながら、これを制止しなかったとして元同僚6人を訴追した。

ドイツでは10年前にも、看護師の男が高齢の患者28人を注射によって殺害するという事件が起きている。

また英国では、「死の医師」との異名を持つハロルド・シップマン元受刑者が、患者250人を殺害するという事件が発生。シップマン元受刑者は2000年に終身刑15回の判決を受け、2004年に自殺したとみられている。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon