古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ドコモ回線の格安SIM+ドコモスマホの「テザリング」は、今でもできないのですか?

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2016/11/15
ドコモ回線の格安SIM+ドコモスマホの「テザリング」は、今でもできないのですか?: テザリング、できるようになった……? © ITmedia Mobile 提供 テザリング、できるようになった……?

 以前、ドコモのAndroidスマートフォンにドコモ回線を利用するMVNOサービスのSIMカード(格安SIM)を挿しても「テザリング(インターネット共有)」ができないという旨のQ&Aを拝見しました。

 この制約は、現在も変わらないのでしょうか?

●回答

2016年夏モデルから、テザリングできるようになりました。(ITmedia Mobile編集部 井上)

 Wi-Fi(無線LAN)、BluetoothやUSBを使って他の機器とネット接続を共有する「テザリング(インターネット共有)」は、今やスマホ・タブレットの重要な機能の1つです。

 従来、NTTドコモのAndroid端末ではテザリングの利用に「spモード」の契約を必須としていました。そのため、spモードを契約できないMVNOサービスのSIMカードでは、テザリングを利用できなかったのです。

 しかし、ドコモによるテザリングの注意事項を見ると、以下のような一節があります。

 2016年4月以前に発売されたドコモ スマートフォンおよびドコモ タブレットでのテザリングのご利用には、spモード契約が必要です。(BlackBerry端末を除く)但し、Bluetooth DUNプロファイルではspモード以外のISP接続も利用可能です。

 この一節を言い換えれば、2016年夏モデル以降は、spモード契約がなくてもテザリングが可能ということ。もっといえば、ドコモ回線を使うMVNOサービスでも、ドコモ端末のテザリングを利用できるようになったのです。

 念のため、2016年冬モデルである「Xperia XZ SO-01J」で本当にそうなっているかどうか調べてみました。以下にその結果を記しますので、参考にして下さい。

テスト1:楽天モバイル(APN:rmobile.jp)

 まず、「楽天モバイル」のSIMカードを試してみました。楽天モバイルは契約時期によってAPN(接続先情報)が異なりますが、今回は「rmobile.jp」のAPNのSIMカードを利用しました。

 結果は、見事に成功。しっかりとテザリングできました。ただし、試した時間的にかなり通信速度は遅かったのですが……。

テスト2:mineo(Dプラン)

 次に、「mineo」のドコモプラン(Dプラン)のSIMカードを試してみました。

 こちらも、何の問題もなくテザリングできました。やはり、試した時間的に通信速度は出なかったのですが……。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO」

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon