古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ドル小動き、堅調な米指標でも米国債利回り上昇せず=NY市場

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/22

[ニューヨーク 22日 ロイター] -

22日のニューヨーク外為市場では、ドルは小動きにとどまった。堅調な米経済指標が発表されたが、米国債利回りが上昇しなかったことで積極的なドル買いにつながらなかった。

ドル小動き、堅調な米指標でも米国債利回り上昇せず=NY市場 © REUTERS ドル小動き、堅調な米指標でも米国債利回り上昇せず=NY市場

終盤のユーロ/ドル(EUR=)は0.2%安の1.1149ドル、ドル/円(JPY=)はわずかに弱含みの111.32円。

ドルは今週、複数の米連邦準備理事会(FRB)高官の年内再利上げに前向きな発言で値上がりする場面があった。ただその後市場では、足元の緩やかな米景気拡大ペースは追加利上げを正当化しないのではないかとの見方が広がり、ドル高の勢いが弱まった。

この日も米失業保険申請統計で労働市場の引き締まりが示され、4月米住宅価格指数が予想以上に上昇したものの、市場の反応は乏しかった。BKアセット・マネジメントのFX戦略マネジングディレクター、ボリス・シュロスバーグ氏は「市場はFRBのタカ派姿勢を受け入れておらず、下半期の米経済成長に疑念を持っている」と指摘した。

こうした市場の見方を反映し、米国債市場では21日に長短利回りスプレッドが約10年ぶりの低水準に縮小。レウミ・インベストメント・サービシズのグローバル資産配分責任者ウンベルト・ガルシア氏は「米国債利回りに大きな押し上げ圧力があるとは思わない」と述べた。

ポンドは終盤にドルとユーロに対して買い優勢となった。イングランド銀行(英中央銀行、BOE)金融政策委員会のフォーブス委員が、もはや利上げを先送りすべきでないと語ったことが材料視された。

直近のポンド/ドル(GBP=)は0.08%高の1.2676ドル、ユーロ/ポンド(EURGBP=)は0.2%安の0.8789ポンド。

ノルウェークローネは上昇。中央銀行が今年と来年の政策金利見通しを上方修正し、利下げの可能性がなくなったと表明した。

ドル/円 NY終値 111.32/111.34

始値 111.26

高値 111.44

安値 111.08

ユーロ/ドル NY終値 1.1150/1.1155

始値 1.1163

高値 1.1172

安値 1.1140

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon