古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ドル/円が一時7週間ぶり高値、米国債利回り上昇で=NY市場

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/18

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 18日のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で一時7月27日以来、約7週間ぶりの高値を付けた。19─20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、米国債利回りが上昇したことがドル買い/円売りにつながった。

終盤のドル/円(JPY=)は0.51%高の111.40円、主要6通貨に対するドル指数(.DXY)は0.14%高の92.002だった。

BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の外為戦略グローバル責任者、グレッグ・アンダーソン氏は「ドル/円は現在、最も米国の金利動向に敏感な通貨ペアだ。米国債利回りが上がると、ドル/円も上昇する」と説明した。

この日米国債利回りが上昇したのは、米連邦準備理事会(FRB)がFOMCでよりタカ派的な姿勢を示す可能性が警戒されたため。アンダーソン氏によると、市場はFRBが12月に利上げする方針を維持すると判断しているという。

またFRBはFOMC終了後の声明でバランスシート縮小を正式に発表し、年内に実行に移すとの見方が広がっている。

オアンダ(トロント)のシニア通貨アナリスト、アルフォンソ・エスパルサ氏は、北朝鮮情勢でこの週末に大きな動きがなく、市場の懸念が和らいだこともドルの追い風になったと指摘した。

ポンド/ドル(GBP=)は1%近く下落。イングランド銀行(英中央銀行、BOE)のカーニー総裁が、今後の利上げは限定的かつ緩やかなものになるとの見解を示した。

ドル/円 NY終値 111.56/111.58

始値 111.22

高値 111.66

安値 111.18

ユーロ/ドル NY終値 1.1952/1.1956

ドル/円が一時7週間ぶり高値、米国債利回り上昇で=NY市場 © REUTERS ドル/円が一時7週間ぶり高値、米国債利回り上昇で=NY市場

始値 1.1956

高値 1.1969

安値 1.1923

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon