古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ドル109円後半、ジャクソンホール会合目前に方向感出ず

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/25

[東京 25日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ若干ドル高/円安の109.64/66円。

早朝の取引でドルは109円半ばを推移していた。その後は仲値公示にかけて、実需のフローや短期筋による円ロングの巻き戻しを受け、一時午前の高値109.80円まで上昇した。

しかし、一昨日の戻り高値109.83円や110円ちょうどには、まとまった規模でのドル売り需要があるとされ、110円トライは出来ず、方向感も乏しかった。

為替市場は目下、「ジャクソンホールまでは、いろいろなストーリーを考えるシミュレーションの時間帯」(FXプライムbyGMO常務取締役の上田眞理人氏)だという。

「ドルかユーロのいずれかが買われるか、ドルとユーロの両方が買われるというシナリオがあり得る」(同)という。

ドル109円後半、ジャクソンホール会合目前に方向感出ず © REUTERS ドル109円後半、ジャクソンホール会合目前に方向感出ず

結果的にドル/円相場は、ドルとユーロの力関係次第で、ユーロがドルよりも強ければ、ユーロ/円が上昇し、ドル/円にも波及するとみられる。

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長の講演は、日本時間25日の午後11時からの予定、また欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の講演は、日本時間26日の午前4時からの予定となっている。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon