古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ドル111円前半、押し目買い支えに底堅い

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/24

[東京 24日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の111.08/10円だった。午前に一時110円後半へ下落したが、国内勢の押し目買いを支えに下げ渋った。午後には株価の下げ縮小を眺めながら、やや持ち直した。

午後のドル/円は、110円後半では押し目買いが観測された一方、「積極的にドルを買い上がる材料に乏しく、上値の重い地合いは継続しそう」(国内金融機関)との見方が出ていた。

日経平均株価が下げを縮めた場面では、一時111.14円に上昇した。午前中の下落でも一目均衡表の雲の下限付近でいったん下げ止まったことから「少なくとも東京市場では底堅いと見られているようだ」(国内金融機関)との声が聞かれた。

国際通貨基金(IMF)は24日、世界経済見通しを改定。2017年の世界成長率見通しを3.5%、18年は3.6%とし、4月時点の予想を維持した。「世界経済の成長率見通しを巡るリスクは短期的にはおおむね均衡しているが、中期的なリスクは引き続き下向き」と指摘している。

ドル111円前半、押し目買い支えに底堅い © REUTERS ドル111円前半、押し目買い支えに底堅い

市場では「トランプ期待の後退やユーロ圏の回復基調などが織り込まれており、意外感はない」(別の国内金融機関)との声が聞かれた。

午前のドル/円は、午前9時過ぎにかけて110.77円まで下押しした後は下げ渋り、正午にかけて111円を回復。「国内輸入企業や機関投資家などからそこそこ買いが入っていた」(さらに別の国内金融機関)という。

ただ、市場では「国内勢はドル買いに対して自信を持てていない」(邦銀)との声も聞かれた。今週は26日にトランプ・ジュニア氏が上院司法委員会で証言する予定。米大統領選へのロシアの干渉疑惑やトランプ陣営とロシアの共謀の可能性について質問される見通しで、疑惑が一層強まる可能性が警戒される。

ドル/円(JPY=)  ユーロ/ドル(EUR=)  ユーロ/円(EURJPY=)

午後3時現在 111.08/10 1.1668/72 129.62/66

午前9時現在 110.93/95 1.1679/83 129.56/60

NY午後5時 111.12/14 1.1661/65 128.57/61 

(為替マーケットチーム)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon