古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ナイジェリアのファッション誌が物議、同性愛助長と批判も

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/21 14:57

[ラゴス 19日 ロイター] - 今年2月から配信が始まったナイジェリアのオンライン・ファッション雑誌「A Nasty Boy」に対し、化粧をしたりミニスカート一枚を身に着けた男性が登場するなど、同性愛を助長しているとの批判が国内で強まっている。

創始者で編集長のリチャード・アクソンさん(23)は、誤解があると反論している。

ナイジェリアでは同性愛は違法で、違反した場合は最大14年の禁錮刑が科される可能性がある。

アクソンさんは「これはゲイ雑誌ではない。ファッション雑誌であり、ジェンダーやフェミニズム、男らしさなどを巡る会話を促すものだ」と述べた。

同誌を巡っては首都アブジャでも意見が分かれている。あるホテル経営者は「彼らには表現の自由があり、一度それが侵されればあらゆる出版物やメディアが脅威にさらされる」と述べる一方、あるマーケットトレーダーは「これは神への冒涜」としてサイトを取り締まるべきと話した。

ナイジェリアはアフリカ最大の民主国家で、同誌を含めさまざまなメディアや企業文化が登場している。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon