古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ナビタイム&KDDI、カーナビアプリで「地図自動更新機能」提供開始

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2016/12/14
ナビタイム&KDDI、カーナビアプリで「地図自動更新機能」提供開始: 「地図自動更新機能」サービスイメージ © ITmedia Mobile 提供 「地図自動更新機能」サービスイメージ

 KDDIとナビタイムジャパンは、12月13日に新しい道路を地図に自動反映する「地図自動更新機能」を提供開始した。最短で道路開通の翌日からルートの検索やナビゲーションを利用可能となる。

 本機能では、ナビタイムジャパンの開発した道路地図データ生成自動システム「NT-FILTER」でプローブ交通情報を解析。道路がなかった場所へ一定数以上の走行実績ができた場合など条件を満たした場所を「新しい道路が開通した」と推定し、自動で道路地図データを生成・反映する。新規開通数の多い「一般国道」「主要地方道」「都道府県道」「市町村道」も自動で地図へ反映される。

 利用できるカーナビアプリはモバイルデータ通信を活用し、サーバー上にある地図データと常時連携しているため、本人の走行実績だけでなく他の利用者の走行実績も活用して地図データの反映を行うことができる。

 対象は「au助手席ナビ」「auカーナビ」「auナビウォーク」の車ルート検索、「NAVITIMEドライブサポーター」「カーナビタイム」「トラックカーナビ」「ツーリングサポーター」「NAVITIME」の車ルート検索。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon