古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ネットワーク内にあるIoTデバイスの脆弱性発見、危険なサイトへのアクセス制限などを行う「Bitdefender BOX」

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/03/02 22:00
ネットワーク内にあるIoTデバイスの脆弱性発見、危険なサイトへのアクセス制限などを行う「Bitdefender BOX」 © ITmedia エンタープライズ 提供 Bitdefender BOX

 BBソフトサービスが3月2日、ルーターなどに接続して、PCやスマートフォン、スマートテレビ、ゲーム機、Webカメラ、ネットにつながる家電などの脆弱性を発見したり、危険なWebサイトへのアクセスを制限したりする機能を持つ製品「Bitdefender BOX」を日本国内で取り扱うと発表した。Amazon.co.jpで3月8日から販売を開始する。価格は1万4800円で、付属のソフトウェアやサービスを1年間利用できる。1年後には、9000円で更新をすることでさらに1年間利用期間が延長可能だ。

 Bitdefender BOXは、ハードウェア、クラウドサービス、そしてWindows、macOS、Android向けのセキュリティー対策ソフトがセットになった製品で、Wi-Fiルーターなどに接続して利用する。

 ハードウェア本体は、89×89×28mm、重さ92グラム。有線LANの帯域幅は最大100Mbps、無線LANアクセスポイント部は2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応する。接続する機器の台数は無制限だ。管理アプリはAndroid 4.0以降、iOS 7.0以降で利用できる。

 設置すると、まずネットワーク上に存在するインターネット接続が可能な機器を検知して、パスワードが初期設定のままだったり、パスワードの強度が低かったり、といった脆弱性がある場合は警告する。また公共の脆弱性データベースのデータを元に、ネットワーク内の機器を継続的にスキャンし、問題が発見された場合は管理アプリの画面に通知を表示し、対処を促してくれる。

 もちろん、危険なWebサイトへのアクセスや外部からの攻撃、不正な侵入などからの保護も提供。フィッシング詐欺サイトやオンライン詐欺、マルウェアを配信するようなWebサイトなどにアクセスしようとすると、その手前で遮断してくれる。セキュリティ対策ソフトが個別に用意されていない、IoT機器などが保護できるのが特徴だ。未知の脅威に対しても、高い保護性能を持っている。

 またWindows、Mac、Androidについては、セキュリティソフト「Bitdefender Total Security Multi Device」も同梱されており、同一ネットワークにないシーンでも保護してくれる。

 Bitdefender BOXを提供するBitdefender社は、ルーマニアに本社があるセキュリティ企業。Bitdefender Total Security Multi Deviceは、国際的な性能評価テスト「AV-TEST」で、2011年から1016年まで、5年連続で「highest Protection」を受賞し、2013年から3年間は「lowest Impact」も受賞するなど、評価が高いセキュリティソフト。日本での知名度はあまり高くないが、世界ではかなり名の知れた存在だ。

 国内でのサポートは、BBソフトサービスが手がける。詳細な説明が必要で、それなりにパソコンの知識も必要なため、当面はAmazon .co.jpでのみ販売する予定となっている。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon