古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ハイヒールって気分がいいの。でも夕方に足が痛い...そんなときは

cafeglobe のロゴ cafeglobe 2016/11/01 cafeglobe編集部
ハイヒールって気分がいいの。でも夕方に足が痛い...そんなときは © cafeglobe 提供 ハイヒールって気分がいいの。でも夕方に足が痛い...そんなときは

かつて『セックス・アンド・ザ・シティ』の主人公キャリーが「ハイヒールを履いていると最高に気持ちがいいの。高ければ高いほどいいわ」という名言を放ち、ニューヨークの街を闊歩していました。

そう、ヒールはわたしたちラグジュアリーキャリアにとって、気持ちを高めてくれる必須アイテム。仕事にパーティにお出かけにとほぼ毎日履きこなしているはずです。

でも、年々ヒールが辛くなってきているのも事実。帰宅後、足が痛かったりむくんでいたり......。そこで、今回は帰宅後すぐにハイヒールの疲れがとれる画期的なケアを紹介します。

マウスウォッシュで足湯をする

リステリンなどのマウスウォッシュ。これを使った足湯が意外と効果があるのです。やり方はいたって簡単、以下の材料を混ぜて足湯をするだけ。

1.はちみつ 大さじ3

2.マウスウォッシュ 1.5カップ

3.酢 1/2カップ

4.お湯

<足湯時間:10分>

FS FASHIONISTA」より翻訳引用

わたしも実際に試してみましたが、スーッと心地よい爽快感が足の芯まで入ってくるよう。じんわりあったかいのに何とも言えないクールな感触が気持ちいいです。足湯を終えた後も、不思議なくらい足がポカポカしています。

マウスウォッシュのアルコール成分が血行を良くして足の疲れをとってくれるのです。それだけではなく、匂いや細菌なども除去してくれて清潔肌に。さらに、かかとのひび割にもよいので続けていくとシルキー肌のようにツルツルになるとか。

お湯に塩やアロマオイルを入れての足湯は、リラックスはできるけど足の疲れまではとってくれなかったような気がします。このマウスウォッシュなら癒し、疲労除去、殺菌、ツヤ肌、とさまざまなメリットが期待できそう。

レモン&ミントで疲れを取る

慢性的な足の痛みに悩まされている人は、以下の方法もおすすめです。

1.中くらいのサイズのレモン 1個

2.ミントの葉 1/2カップ

3.マウスウォッシュ 1カップ

4.お湯

<足湯時間:30分>

FS FASHIONISTA」より翻訳引用

スライスしたレモンとミントの葉を1リットルの水に入れて沸騰させます。そこに2、3滴のレモンを絞ります。お湯がさめてきたらリステリンを入れます。

レモン&ミント葉&マウスウォッシュの3点セットが、ストレスで凝り固まった筋肉をじんわりほぐしてくれるそうです。

30分間じっくり浸かるのですが、冷めてきたらお湯を1カップずつ追加していくこと。これを週に2回続けます。日中忙しく歩き回っている足が、少しずつ回復していきそうですね。

こちらの足湯以外にも、テニスボールで足の裏をコロコロと転がす、ハンドタオルを足の裏にまわして両手で引っ張る、直接マッサージする、足の裏を冷やす、などさまざまな方法があります。

これからもヒールをずっと履いていくためにも、ヒール疲れとは無縁で元気に仕事に邁進していきたいものです。

FS FASHIONISTA

image via Shutterstock

Cafeglobeの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon