古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

バックアップソフトを使わず、あらゆるデータをNASにバックアップする方法

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/02/28 21:00
バックアップソフトを使わず、あらゆるデータをNASにバックアップする方法: Synology(シノロジー)の「DS216+II」。2台のHDDを内蔵できるNASキットだ。今回はほかのサーバからバックアップデータを受け取る側として使用する © ITmedia PC USER 提供 Synology(シノロジー)の「DS216+II」。2台のHDDを内蔵できるNASキットだ。今回はほかのサーバからバックアップデータを受け取る側として使用する

 バックアップ機能が充実しているのは、SynologyのNASの特徴の1つだが、さらにバックアップ機能の使い勝手を向上させる新しい機能がリリースされる。現在β版で提供されている「Active Backup」がそれで、簡単に言うと、ほかのサーバの中にあるデータを、自らの本体内にバックアップしてしまう機能だ。

 一般的に、バックアップ機能といえば、データを保存している側のサーバにバックアップソフトをインストールし、それを設定する中で保存先、今回で言えばNASを指定する。今回の「Active Backup」はこれとは逆に、バックアップデータの保存先であるNASから、サーバに対してデータを取りに行くことが特徴だ。

 この方法の利点は、データを保存しているサーバの側に、個別にバックアップソフトをインストールしなくて済むこと。ライセンス利用も不要だし、どのサーバにどのバックアップソフトが入っているか毎回確認する必要もない。サーバが主体的にバックアッププログラムを走らせるのではなく、外部からアクセスしてきたユーザーに対してデータのコピーを許可する形になるため、サーバ側の消費リソースも最小限に抑えられる。

 また、rsyncにさえ対応していれば、サーバのOSの種類を問わず利用できるため、設定を一元化できるのも利点だ。「Windowsからバックアップする際はこのバックアップソフト」「Linuxだとこのバックアップソフト」といった具合に使い分けなくとも、すべてNAS側で、この「Active Backup」上で設定できてしまう。このほか、他社のLinuxベースのNASから本製品にデータをバックアップする用途でも使用できる。

 さらに、マシンごとにばらばらにバックアップ設定を行うと、うっかり重なった時間に複数のバックアップを行う設定にしてしまい、ネットワークの帯域がいっぱいになってしまうこともあるが、1つのNASで設定を一元化できる「Active Backup」であれば、こうした心配も少ない。設定画面上で各バックアップタスクを見比べれば、どのタスクが何時にスケジュール設定されているか、一目瞭然(りょうぜん)だからだ。

 今回は、この「Active Backup」の設定方法について、同社のNASキット「DS216+II」を例に詳しく紹介しよう。

●バックアップの設定はどうやるの?

 まずはNASアプリ「Active Backup」をインストールして起動する。メイン画面から「Windows バックアップ」「Linux バックアップ」のいずれかを選び、「作成+」ボタンをクリックすると、バックアップタスクを新規作成するためのウィザードが起動するので、指示に従って設定していく。ちなみに、ここではLinuxを例に説明するが、Linux採用のNASでもこれと同じ手順になる。

 さて、「Active Backup」では、「マルチバージョン」「ミラー」「インクリメンタル」という3つの詳細なバックアップモードが用意されている。「マルチバージョン」は、スケジュールを決めてバックアップを行うたびに、新しいバージョンのフォルダが作られるという、つまりバージョン管理を前提にしたモードだ。ファイルの書き換えを頻繁に行っており、任意の日時を指定してデータを元の状態に戻したい可能性があるならば、この方法が最適だ。

 「ミラー」は、指定したフォルダとそっくりそのまま同じ内容を、本製品の中に作成する仕組みで、こちらはバージョン管理という概念はなく、常に最新のデータが保持される。もっとも、いわゆるミラーリングと違ってリアルタイムに複製が行われるわけではなく、前述のマルチバージョンと同様、最短でも1時間に1回という更新間隔になる。最後の「インクリメンタル」は、追加や変更が行われたファイルのみを上書きコピーするモードだ。

 「マルチバージョン」「ミラー」「インクリメンタル」のいずれかを選ぶと、リモートサーバの情報を入力するための画面が表示される。本製品がデータを取りに行くLinuxサーバをここで指定するわけだ。最初にサーバアドレスとして、対象のLinuxサーバのIPアドレスを入力する。「転送を保護する」を有効にするとポート番号は自動的に「22」、「無効にする」を選ぶと「873」が指定される。

 続いて、アカウントとパスワードを入力する。言うまでもないが、相手となるLinuxサーバにログインするためのアカウントであり、本製品にログインするためのアカウントではないので注意しよう。

 最後に、rsyncモジュールを選択する。相手のLinuxサーバでrsyncが有効になっていれば、プルダウンメニューで一覧が表示されるので、その中から使用するrsyncモジュールを選択する。何も表示されないようであれば、相手のLinuxサーバがrsyncを使用できる設定になっていないと考えられるので、あらためて設定を行い、プルダウンメニューに表示されるようにする。

 以上の設定が終わったら「次へ」をクリックし、どのフォルダをバックアップするか指定する。ここまでの設定が正しく行われていれば、相手のLinuxサーバ内のフォルダが選択できるようになっているはずなので、どのフォルダをバックアップするかを選択する。

 そのあとタスク名やローカルパス、および「マルチバージョン」「インクリメンタル」を選んでいる場合はバックアップのスケジュール(最短で1日1回)を指定する。「マルチバージョン」では、バックアップローテーションを有効にするか否かを設定するための画面が表示されるので、環境に応じて設定を行う。

 今回は、1日1回のバックアップで、30日分を保存し、それを超えたら古い日のデータから順に消されていくように設定した。この画面は同社NASのバックアップアプリ「Hyper Backup」と共通のデザインなので、すでに本製品を使っているユーザーにとっては馴染みやすいだろう。

 以上の設定が終わったら、サマリー画面を経て適用する。これでバックアップの設定は完了だ。ここで「バックアップを今実行しますか?」と表示されるメッセージに対して「はい」を選ぶと、すぐさまデータのバックアップが開始される。感覚的にには、本製品がリモート先のサーバからデータを吸い上げている格好になる。

●バックアップデータの復元はどうやるの?

 データが正常にバックアップされたことを確認する方法はいくつかある。設定画面ではそれぞれのタスクについて「成功」と表示されるほか、期間、最終実行時刻について表示されるが、これだけではどれくらいの容量が転送されたか分からず、不安に感じる人もいるだろう。

 そうした場合は、各タスクをダブルクリックするとよい。ここで表示される詳細画面には、「転送済みサイズ」が明記してあるので、どの程度のデータ量が転送されたかを見ることで、例えばデータ量が0であるなど、明らかにおかしなバックアップを発見することができる。

 また、直近の開始日・完了日だけではなく、それ以前の状況を見たければ「ログセンター」を活用しよう。ここを見れば、直近のバックアップの開始日および終了日が表示されている。これらをチェックしておけば、きちんと設定したつもりが、実はバックアップができていなかった……という悲劇を回避できるだろう。

 では、実際にデータを復元する場合にはどうすればよいのだろうか。「Active Backup」でバックアップしたデータの復元は、「Active Backup」の設定画面から行う。バックアップタスクを選択した状態で「復元」をクリックすると、復元対象のフォルダを選択する画面が表示されるので、必要なフォルダにチェックを入れ、次の画面で「適用」をクリックする。以上で作業は完了だ。

 なおバックアップ方式として「マルチバージョン」を選択している場合は、上記の手順に加えて、いつの時点のデータを復元するかを選択する。復元対象のフォルダを選択する画面にタイムラインが表示されるので、その中から任意の復元ポイントを選べばよい。これにより、その時点のバックアップデータに書き戻せるというわけだ。

 以上、「Active Backup」の設定手順を紹介した。利用中のあらゆるサーバのバックアップデータを一台のNASに集約できるため、それらのデータをさらに外部ドライブやクラウドにバックアップすることで、二重、三重の強固なバックアップ環境が完成する。CPUの速度が遅いためにサーバ側でバックアッププログラムを走らせられない場合の対策としても有効だろう。まずは身近なデータをバックアップしてみて、その有用性を確かめてみてはいかがだろうか。

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon