古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

バッテリー&ストレージ性能は十分、普段使いなら大満足のデル14型ノート

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/07/07
バッテリー&ストレージ性能は十分、普段使いなら大満足のデル14型ノート © KADOKAWA CORPORATION 提供 バッテリー&ストレージ性能は十分、普段使いなら大満足のデル14型ノート

デルの「Inspiron 14 7000」 デルの「Inspiron 14 7000」  つや消し加工が施されたアルミニウム素材の美しい外装や、14型の高品質なディスプレーが魅力的なデルの「Inspiron 14 7000」(関連記事)。その洗練されたデザインの筐体には、見た目から想像する以上の高性能が凝縮されている。今回はベンチマーク結果を交えながら、Inspiron 14 7000のパフォーマンスを紹介していこう。 第7世代Coreプロセッサーを搭載  Inspiron 14 7000には、第7世代(Kaby Lake)のCore i5-7200U+内蔵グラフィックスを搭載した「プレミアム」と、Core i5-7200U+GeForce 940MXの「プレミアム・グラフィックス」、Core i7-7500U+GeForce 940MXの「プラチナ」の3種類が基本モデルとして用意されている。今回試したのはそのうち、もっともリーズナブルな「プレミアム」モデルだ。 CPUは第7世代のCore i5-7200Uを搭載している CPUは第7世代のCore i5-7200Uを搭載している  もう少し詳しくスペックを見ると、プレミアムモデルは、Core i5-7200U(2.50GHz/ターボブースト時最大3.10GHz)、インテル HD グラフィックス 620(CPU内蔵)、8GBメモリー(DDR4 2400MHz)、256GB M.2SSDとなっている。  上位モデルに比べるとビデオカードがディスクリート・グラフィックスではなくCPU内蔵ということで、その性能がどれくらいなのかが気になるところ。また、M.2 SSDとはいっても接続はSATAなので、高速なPCIe接続のものに比べると転送速度が劣ることが予想される。そこで、いくつかのベンチマークを実行してみることにした。  Windows 10のシステム評価ツール「WinSAT.exe」では、次のような結果になった。 WinSAT.exeの結果 プロセッサ 7.6 メモリ 7.6 グラフィックス 5.2 ディスク 8.1 WinSATの結果 WinSATの結果  スコアを見ると、「プロセッサ」や「メモリ」は高性能だが、「グラフィックス」がやや弱いのがわかる。ストレージはSATA接続とはいえ速度の速いSSDなので、HDDに比べるとかなりスコアが高くなっている。  パソコンの総合的なパフォーマンスを見る「PCMark 8」の「Home accelerated」では、下図のようになった。総合スコアが3387となり、標準的なノートPCに比べると高めの性能を持っていることがわかる。 Home accelerated 3.0スコア Score 3387 Web Browsing - JunglePin 0.35396s Web Browsing - Amazonia 0.15007s Writing 3.81364s Casual Gaming 25.18fps Video Chat playback 1 v2 Accelerated 29.97fps Video Chat encoding v2 Accelerated 51.33333ms Advanced Photo Editing 1 Accelerated 0.18774s Home accelerated 3.0の結果 Home accelerated 3.0の結果  さらに「CINEBENCH R15」を試したところ、OpenGLが37.71fps、CPUが326cbとなった。ちなみにCPUのスコア自体は、プラチナモデルが搭載するCore i7-7500Uと比べても大きな差はみられない。 CINEBENCH R15の結果 CINEBENCH R15の結果  次にグラフィックスの性能を見るため3DMARKを試してみたところ、以下の結果になった。 3DMarkの結果 Time Spy 341 Fire Strike 757 Sky Diver 3587 Cloud Gate 5719 Ice Storm Extreme 38626 Ice Storm 51474  ミドルレンジパソコン向けの「Sky Diver」が3587、「Cloud Gate」が5719となった。軽めのゲームなら十分快適に遊べるだけの性能はありそうだが、グラフィック処理が重いゲームをプレーするにはやはり少し性能が足りないと思われる。もっとも、ちょっとした写真編集や映像編集、動画鑑賞など、日常的な作業には十分すぎる性能ではある。 3DMarkでは、Sky Diverで3587というスコアになった 3DMarkでは、Sky Diverで3587というスコアになった  ゲーム系のベンチマークもいくつか試してみた。まず、ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kは次のようになった。 ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k グラフィック設定 解像度 スコア 評価 低品質 1280×720 7789 とても快適 標準品質 1280×720 6987 快適 最高品質 1280×720 5646 快適 低品質 1920×1080 4138 普通 標準品質 1920×1080 3532 普通 最高品質 1920×1080 2716 やや重い ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kの結果 ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kの結果  同様に「FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編」と「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク」も試してみた。 FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編 1280×720 標準品質(ノートPC) 43980 快適 1280×720 高品質(ノートPC) 2614 やや快適 1280×720 最高品質 2016 普通 1920×1080 標準品質(ノートPC) 2206 普通 1920×1080 高品質(ノートPC) 1278 設定変更が必要 1920×1080 最高品質 1007 設定変更が必要 FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編 FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編 FINAL FANTASY XIV:紅蓮の解放者 ベンチマーク 解像度 品質 スコア 評価 1280×720 標準品質(ノートPC) 2592 やや快適 1280×720 高品質(ノートPC) 2000 普通 1280×720 最高品質 1409 設定変更が必要 1920×1080 標準品質(ノートPC) 1331 設定変更が必要 1920×1080 高品質(ノートPC) 979 動作困難 1920×1080 最高品質 706 動作困難 FINAL FANTASY XIV:紅蓮の解放者 ベンチマーク FINAL FANTASY XIV:紅蓮の解放者 ベンチマーク  フルHDだと動作がやっとという感じだが、解像度と品質をおさえればそこそこ快適にプレーできそうだ。もう少しサクサクとゲームを楽しみたいなら、GeForce 940MXを搭載したプレミアム・グラフィックスやプラチナモデルを選んだ方がいいだろう。GeForce 940MXもゲーム用グラフィックスというわけではないので、大幅なスコア向上が期待できるわけではないが、フルHDでも標準品質くらいならある程度快適に遊べるはずだ。  いずれにしろ、Inspiron 14 7000の用途や利用シーンを考慮すれば、内蔵グラフィックスでも十分すぎる性能だといえる。ウェブブラウジングやメール、Officeなどでビジネス文書作成がメインならプレミアムモデル、写真編集や映像編集などを頻繁に行い、時々ゲームも楽しみたい人は、GeForce 940MXを搭載した「プレミアム・グラフィックス」またはプラチナモデルを選ぶのがよさそうだ。 ストレージとバッテリー性能は十分 デルの「Inspiron 14 7000」は、洗練されたデザインと性能の高さが魅力的だ デルの「Inspiron 14 7000」は、洗練されたデザインと性能の高さが魅力的だ  Inspiron 14 7000は、ストレージにSATA接続のM.2 SSDを採用している。SATAなので実効転送速度は600MB/sが限界となり、PCIe接続のものに比べるとパフォーマンスは劣ることが予想される。そこで、「CrystalDiskMark」でストレージ性能を計測してみたところ、シーケンシャルリードが550MB/s前後となった。これくらいの性能があれば普段使いには十分で、PCIe接続のものと比べても体感速度はそれほど大きく変わらないだろう。 CrystalDiskMarkの結果 CrystalDiskMarkの結果  ちなみに、Inspiron 14 7000はM.2 SSDと2.5インチHDD(またはSSD)の両方を内蔵できるようになっており、プレミアム・グラフィックスは128GB SSD+500GB HDD、プラチナモデルは128GB SSD+1TB HDDのデュアルドライブになっている。動画などの大容量データを扱うことが多い場合は、これら上位モデルを選ぶことをおススメする(ただしその場合は質量が若干増える)。  出先に持ち運ぶ機会が多い人にとっては、バッテリー駆動時間の長さも気になるだろう。Inspiron 14 7000は3セルバッテリー(42WHr)を採用しているが、いったいどのくらい持つのだろうか。  そこで、バッテリーベンチマークソフト「BBench」を使って実際にどのくらい持つのかを計測してみた(なお、BBenchは「60秒間隔でのウェブ巡回」と「10秒間隔でのキーストローク」に設定し、満充電状態から電源が落ちるまでの時間を計っている)。 BBenchによるバッテリー駆動時間結果 電源プラン 画面の明るさ 駆動時間 省電力 40% 9時間10分  結果、9時間を超えるバッテリー駆動が可能だった。これだけ持てば、長時間の会議や打ち合わせなどもACアダプターなしで十分乗り切れそうだ。なお、ディスクリート・グラフィックスやデュアルドライブを搭載した上位モデルは、これよりは少し駆動時間が短くなることが予想される。持ち運ぶことが多いならプレミアムモデルの方が質量の点でも、バッテリーの点でも負担は少なそうだ。  なお、直販サイトでは、今回試したプレミアムモデルは9万9980円(税別、クーポン適用で8万4983円)から購入することができる。CTOでOfficeやAdobeソフトウェアを選ぶこともできるので、購入を検討している人は、用途や利用シーンに合わせてカスタマイズしてみてはいかがだろうか。 試用機の主なスペック 製品名 Inspiron 14 7000(プレミアム) CPU 第7世代 Core i5-7200U(2.50GHz/ターボブースト時最大3.10GHz) グラフィックス インテル HD グラフィックス620(CPU内蔵) メモリー 8GB ストレージ 256GB SSD(SATA接続 M.2) 内蔵ドライブ なし ディスプレー 14型ワイド(1920×1080ピクセル) インターフェース USB 3.0端子×2(うち1基はPowerShare対応)、USB 2.0端子、HDMI端子、有線LAN(10/100/1000BASE-T)、ヘッドセット/マイク コンボジャック、SDカードリーダー サイズ/重量 およそ幅323.3×奥行18.95×高さ18.95mm/約1.649kg(1TB HDD、4GBメモリー、非バックライトキーボード搭載の場合) OS Windows 10 Home 64bit ■関連サイト 製品情報 デル

バッテリー&ストレージ性能は十分、普段使いなら大満足のデル14型ノート

バッテリー&ストレージ性能は十分、普段使いなら大満足のデル14型ノート
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon