古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

バッファロー、同社ダウンロードサイトの一部ファイルがウイルスに感染――不正送金の恐れも

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/06/03 ITMedia

 バッファローは6月3日、同社ダウンロードサイト内の一部ファイルが改竄されウイルスに感染していたと発表した。

 混入していたウイルスは「Infostealer.Bankeiya.B」(解説記事はこちら)と呼ばれるもので、感染後にオンラインバンキングにアクセスするとID/パスワードなどが不正に取得され、最悪の場合は不正送金をされる可能性がある、としている。

バッファローダウンロードサイトのウイルス混入によるお詫びとご報告

 平素は、弊社製品をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

 このたび弊社委託のダウンロードサイト内の一部ファイルが何者かにより改ざんされ、そのファイルがお客様にダウンロードされている事が判明致しました。最悪の場合、お客様がお使いのパソコンがウイルスに感染し、お客様に損害を与える可能性がございます。ご利用頂いておりますお客様におかれましては、多大なご迷惑及びご心配をお掛けしておりますこと、深くお詫び申し上げます。大変お手数をおかけしますが、下記の通り、対処法をご案内致しますので、ご対処のほどお願い申し上げます。

 なお、ウイルスに感染した経緯につきましては現在調査中であり、分かり次第弊社ホームページにてご案内申し上げます。

-記-

■被害の可能性のあるお客様

下記(1)(2)(3)の条件全てがあてはまるお客様

(1) 5月27日の午前6:16〜午後1:00までの間に下記対象のファイルをダウンロードされた方

(2) ダウンロードされたファイルを解凍し、かつ実行された方

 (不正なファイルは解凍時に中国語が表示されます。)

(3) オンラインバンキングをお使いの方

 (ワンタイムパスワードをお使いの方を除く)

■被害の内容

ウイルスは、Infostealer.Bankeiya.Bと呼ばれるもので、感染した後に、オンラインバンキングへアクセスされますと、

ログイン情報、IDやパスワードが不正に取得され、最悪のケースでは不正送金される可能性がございます。

詳細は下記のシマンテック社のホームページをご参照のほどお願い致します。

http://www.symantec.com/connect/ja/blogs/adobe-flash-2

■感染が疑われる場合の対処法

下記の手順にて感染の可能性のあるパソコンの対処をお願い致します。

(1) 感染の可能性のあるパソコンでのオンラインバンキングの接続をお止め下さい。

(2) 最新版のウイルス除去ソフトを実行し、ウイルス駆除を行って下さい。

   シマンテック社

   マカフィー社

(3) ウイルスの駆除後にオンラインバンキングのパスワードを変更して下さい。

上記のウイルス駆除ソフトをお持ちでないお客様、または対処方法がご不明なお客様は

後述の専用窓口までご連絡をお願い致します。

■弊社側の対応

本件への対応といたしまして、全ての掲載ファイルのウイルスチェックを実施し、別の事業者のサーバーへ 切り替えを行い、

ダウンロードサービスを再開致しました。

■バッファロー専用窓口

フリーダイヤル 0120−959−863

月曜日〜土曜日 9:30 〜 19:00

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon