古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

バルセロナで歩行者に車突入、13人死亡 100人以上負傷

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/17

[バルセロナ 18日 ロイター] - スペイン東部のバルセロナで17日、観光客などで賑わうランブラス通りに車が突っ込み、次々と通行人をはねた。少なくとも13人が死亡し、100人以上が負傷した。

警察は男2人の身柄を拘束した。1人はモロッコ人で、もう1人はモロッコのスペイン領メリリャ出身という。目撃者によると、車を運転していた男は現場から走り去った。

これより数時間前、バルセロナから南西に100キロほど離れた場所で家屋が爆発し、1人が死亡した。警察はバルセロナでの事件との関連を疑っている。

さらに、バルセロナにある警察の検問所に車が突っ込む事件もあった。警察は車を運転していた男を射殺した。ただ、この事件とランブラス通りの事件の関連性は不明。

目撃者によると、車がランブラス通りをジグザグに走行。減速せずに人々の間を進み、通行人を次々とはねた。

この事件に関して、過激派組織「イスラム国」(IS)と関連のあるアマーク通信は、ISの戦士が攻撃を行ったと伝えている。ただ、現時点で、ISによる犯行かどうかの確認は取れていない。

バルセロナで歩行者に車突入、13人死亡 100人以上負傷 © REUTERS TV) バルセロナで歩行者に車突入、13人死亡 100人以上負傷

スペインのラホイ首相は、事件を「ジハードによる攻撃」と非難。3日の喪服期間を発表した。

首相はバルセロナでの記者会見で「われわれのような自由で開かれた社会にとり、テロとの戦いは今や最優先事項だ」と強調した。

欧州ではここ1年ほどの間に車を使った無差別の攻撃が相次いでおり、フランス南部のニース、ドイツの首都ベルリン、英ロンドン、スウェーデンのストックホルムで起きた事件で、合計100人以上が死亡した。

*内容を追加して再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon