古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

パナソニックと産総研、AI研究ラボ設立

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/01/31
パナソニックと産総研、AI研究ラボ設立: 発足式の様子。中央が小澤ラボ長(パナソニック提供) © ITmedia NEWS 提供 発足式の様子。中央が小澤ラボ長(パナソニック提供)

 パナソニックと産業技術総合研究所は1月31日、社会に役立つ人工知能(AI)技術を研究する「パナソニック-産総研 先進型AI連携研究ラボ」を2月1日に設立すると発表した。総合電機メーカーの企業入りラボは初という。

 産総研つくばセンター(茨城県つくば市)内に設立。産総研 情報・人間工学領域の小澤順教授がラボ長を務める。

 産総研が持つAIやロボット関連技術を、パナソニックが手がけてきた家電・住宅・車などの領域の社会課題に適用。対話技術やロボット技術による業務支援システム、AIのための計算機環境基盤構築などの研究開発を行う。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon