古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ビジュアル演出やM.2関連機能がさらに進化したMSIのX299マザー

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/08/03
ビジュアル演出やM.2関連機能がさらに進化したMSIのX299マザー © KADOKAWA CORPORATION 提供 ビジュアル演出やM.2関連機能がさらに進化したMSIのX299マザー

ビジュアル演出やM.2関連機能がさらに進化したMSI  本特集では、4大マザーボードメーカーのX299マザーボードの特徴と代表的なモデルを紹介している。今回はMSIのラインナップをチェックしていこう。 X299チップセットを搭載するMSI製マザーボード X299チップセットを搭載するMSI製マザーボード 多彩なビジュアル要素を導入新デザインのM.2ヒートシンクも  近年、ゲーミングへの傾倒を強めているMSIは、ゲーミングだけでも「Enthusiast」「Performance」「Arsenal」と3つのセグメントで展開するが、X299シリーズでもそれぞれのセグメントに個性的な製品を投入している。 MSIのX299シリーズのラインナップ。X299 TOMAHAWK AC、X299 TOMAHAWK ARCTIC、X299 RAIDERは現時点では日本未発売だ MSIのX299シリーズのラインナップ。X299 TOMAHAWK AC、X299 TOMAHAWK ARCTIC、X299 RAIDERは現時点では日本未発売だ  X299シリーズでは、Z270シリーズで導入したゲーミング/VR向けの独自機能を引き継ぐとともに、ビジュアル演出やM.2関連機能をより強化して実装している。  ビジュアル、演出面については、従来よりのRGB LED機能「Mystic Light」に加えて、付け替え可能なパーツを同梱したり、3Dプリントアクセサリーの装着に対応するなど、LED以外の要素も取り入れ、バリエーションを増やしている。  また、同社はZ270シリーズで他社に先駆けてM.2ヒートシンクを導入したが、X299シリーズでは複数搭載や新デザインのヒートシンクを導入するなど、さらに強化している。Intel VROCの利用を想定したM.2ヒートシンク付きの拡張カードなども用意する。 「Mystic Light」により、RGB LEDの派手な演出が楽しめる。「Mystic Light Sync」で周辺機器も制御できる 「Mystic Light」により、RGB LEDの派手な演出が楽しめる。「Mystic Light Sync」で周辺機器も制御できる 「3D X-Moutingスクリュー」により、ユーザーが3Dプリンターで出力したアクセサリーパーツを装着できる。ファンマウンターやSLIブリッジカバーなどのデータが用意される 「3D X-Moutingスクリュー」により、ユーザーが3Dプリンターで出力したアクセサリーパーツを装着できる。ファンマウンターやSLIブリッジカバーなどのデータが用意される 「M.2 Shield v2」、「M.2 Shield FROZR」など、モデルによってデザインが異なるヒートシンクを装備する 「M.2 Shield v2」、「M.2 Shield FROZR」など、モデルによってデザインが異なるヒートシンクを装備する ASMediaの最新高速USB 3.1 Gen.2コントローラー「ASM3142」を採用。独自の「XBoost」でさらにUSBデバイスの高速化が可能 ASMediaの最新高速USB 3.1 Gen.2コントローラー「ASM3142」を採用。独自の「XBoost」でさらにUSBデバイスの高速化が可能 USB 3.1 Gen.2のフロントコネクターに独自要素を追加。静電対策機能を強化し、さらにUSB信号の減衰を防ぐリピーターチップも実装している USB 3.1 Gen.2のフロントコネクターに独自要素を追加。静電対策機能を強化し、さらにUSB信号の減衰を防ぐリピーターチップも実装している リピータチップを搭載してUSBの信号減衰を防ぐ「VR Boost」。ケーブルが長いVRのHMDなども安心して利用できる リピータチップを搭載してUSBの信号減衰を防ぐ「VR Boost」。ケーブルが長いVRのHMDなども安心して利用できる 安心感、使い勝手を高める仕様も導入されている。CPUやメモリーなしで起動してUEFIアップデートができる「BIOS FLASHBACK+」ボタン、CMOSクリアボタンをリアパネルに装備。UEFI ROMはデュアル搭載し、UEFI内容の消失を防止する 安心感、使い勝手を高める仕様も導入されている。CPUやメモリーなしで起動してUEFIアップデートができる「BIOS FLASHBACK+」ボタン、CMOSクリアボタンをリアパネルに装備。UEFI ROMはデュアル搭載し、UEFI内容の消失を防止する  ここからは、編集部オススメのMSI製X299マザーを紹介しよう。 交換パーツでカラバリを楽しめるビジュアル系マザーX299 GAMING PRO CARBON AC  MSIのX299シリーズでは中堅に位置するゲーミングモデル。これまでのプラットフォームの「PRO CARBON」モデル同様に、カーボン柄をフィーチャーした個性的なビジュアルが特徴だ。 MSIのX299マザーとしてはミドルクラスに位置する「X299 GAMING PRO CARBON AC」。実売価格は5万円前後 MSIのX299マザーとしてはミドルクラスに位置する「X299 GAMING PRO CARBON AC」。実売価格は5万円前後  本製品はそのカーボン柄のパーツが着脱可能となっており、付属のゴールドまたはシルバーのパーツと交換することができる。交換するだけでマザーボードのイメージをガラっと変えられる。また、ユーザーが3Dプリンターで出力したアクセサリーを装着できる「3D X-MOUNTING」にも対応する。  基本機能もソツがない。M.2ソケットはデュアル搭載し、両方に独自のSSDヒートシンク「M.2 Shield v2」を装備。USB 3.1 Gen.2ポートはリアパネルにはType-CとType-Aを1基ずつ、フロントコネクターも装備する。  また、USBの信号減衰を防ぐ「VR Boost」、左右チャンネルレイヤー分離やオーディオコンデンサーの実装などで高音質化を図った「Audio Boost 4」など、Z270シリーズ以来の同社の定番機能もひと通り備え、最新の体験が満喫できるハイエンドマザーボードに仕上がっている。 IO、オーディオ、VRMなどのカーボン柄パーツと交換できるゴールドとシルバーのパーツが付属。マザーボードのイメージがガラっと変えられる IO、オーディオ、VRMなどのカーボン柄パーツと交換できるゴールドとシルバーのパーツが付属。マザーボードのイメージがガラっと変えられる 2つ装備するM.2ソケットの両方にMSIオリジナルのSSDヒートシンク「M.2 Shield v2」を搭載している。放熱を強化し、サーマルスロットリングによる性能低下を防ぐ 2つ装備するM.2ソケットの両方にMSIオリジナルのSSDヒートシンク「M.2 Shield v2」を搭載している。放熱を強化し、サーマルスロットリングによる性能低下を防ぐ 「X299 GAMING PRO CARBON AC」スペック表 フォームファクター ATX チップセット Intel X299 Express メモリー DDR4-4133+(OC)対応×8 拡張スロット PCI Express (Gen3) x16×4 、PCI Express (Gen3) x1×2 ストレージ M.2×2(PCI Express Gen3 x4/Serial ATA 6Gb/s)、U.2×1、SATA 6Gb/s×8 インターフェース USB 3.1×3(Type A×1、Type C×1、フロントコネクター×1)、USB 3.0×8(背面4、ヘッダピン4)、USB 2.0×7(背面3、ヘッダピン4)、S/P DIF出力(光角型) ネットワーク 1000BASE-T対応有線LAN(Intel I219V)、IEEE802.11a/b/g/n/ac(867Mbps)対応無線LAN サウンド 7.1ch HD Audio(Realtek ALC1120)「AudioBoost 4」 スペシャルな魅力が詰まった豪華ゲーミングマザーX299 XPOWER GAMING AC  現行のMSI X299シリーズ中最上位モデルとなる豪華ゲーミングマザー。14フェーズの電源回路、OC向けの多層基板、外部クロックジェネレーターなどを備えた高耐久設計にデバッグLEDやオンボードの操作ボタンなど充実したオーバークロック機能を搭載。高度なオーバークロックにチャレンジできる環境を整えている。 MSIのX299シリーズの現行最上位モデル「X299 XPOWER GAMING AC」。実売価格は6万7000円前後 MSIのX299シリーズの現行最上位モデル「X299 XPOWER GAMING AC」。実売価格は6万7000円前後  基本機能も充実している。3つあるM.2ソケットの1つに「M.2 Shield Frozr」、残り2つに「M.2 Shield」と2種類のM.2ヒートシンクを装備する。さらに、CPU直結のPCI Express 3.0レーンを使ってSSDを接続し、RAIDを構築する「Intel VROC(Virtual RAID On CPU)」にも対応。VROCに最適なM.2拡張カード「M.2 Xpander-Z」を同梱する。  RGB LED「Mystic Light」を搭載した近未来的なデザインのアーマーもインパクト抜群。ハイエンド中のハイエンドモデルらしい、スペシャルな魅力を見事に演出している。 高級部品を採用した14フェーズの電源回路含む高耐久設計を採用。オーバークロック向けの操作ボタンなども充実し、高度なオーバークロックにチャレンジできる環境を整えている 高級部品を採用した14フェーズの電源回路含む高耐久設計を採用。オーバークロック向けの操作ボタンなども充実し、高度なオーバークロックにチャレンジできる環境を整えている 3つあるM.2ソケットの1つに「M.2 Shield Frozr」、残り2つに「M.2 Shield」と2種類のM.2ヒートシンクを装備する 3つあるM.2ソケットの1つに「M.2 Shield Frozr」、残り2つに「M.2 Shield」と2種類のM.2ヒートシンクを装備する Intel VROCに最適なM.2拡張カード「M.2 Xpander-Z」を同梱する。ヒートシンク付きのM.2ソケットを2基搭載するPCI Express 3.0 x16カードで、インターフェースのボトルネックなしにM.2 SSD RAIDのフルパフォーマンスを引き出せる Intel VROCに最適なM.2拡張カード「M.2 Xpander-Z」を同梱する。ヒートシンク付きのM.2ソケットを2基搭載するPCI Express 3.0 x16カードで、インターフェースのボトルネックなしにM.2 SSD RAIDのフルパフォーマンスを引き出せる 「X299 XPOWER GAMING AC」スペック表 フォームファクター Mini-ITX チップセット Intel X299 Express メモリー DDR4-4133+(OC)対応×8 拡張スロット PCI Express (Gen3) x16×4 、PCI Express (Gen3) x1×1 ストレージ M.2×2(PCI Express Gen3 x4/Serial ATA 6Gb/s)、M.2×1(PCI Express Gen3 x4)、U.2×1、SATA 6Gb/s×10 インターフェース USB 3.1×3(Type A×1、Type C×1、フロントコネクター×1)、USB 3.0×10(背面6、ヘッダピン4)、USB 2.0×6(背面2、ヘッダピン4)、S/P DIF出力(光角型) ネットワーク 1000BASE-T対応有線LAN×2(Intel I219V、Intel I211AT)、IEEE802.11a/b/g/n/ac(867Mbps)対応無線LAN サウンド 7.1ch HD Audio(Realtek ALC1120)「AudioBoost 4」 【関連サイト】 MSI

ビジュアル演出やM.2関連機能がさらに進化したMSIのX299マザー

ビジュアル演出やM.2関連機能がさらに進化したMSIのX299マザー
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon