古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ビットコイン急落、中国が仮想通貨取引所閉鎖を計画との報道で

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/10

[ニューヨ-ク 8日 ロイター] - 仮想通貨「ビットコイン」が8日の取引で急落した。中国が国内の仮想通貨取引所を閉鎖するとの同国メディアの報道を受けて売られた。

中国の経済誌「財新」は、インターネット上での金融取引を監督する規制委員会に近い筋の話として、当局が中国の主要ビットコイン取引所閉鎖を計画していると報じた。

ビットコイン急落、中国が仮想通貨取引所閉鎖を計画との報道で © REUTERS ビットコイン急落、中国が仮想通貨取引所閉鎖を計画との報道で

報道が事実かどうか現時点で確認はとれていないが、中国のビットコイン取引所である「OKコイン」、「BTCチャイナ」、「火幣」の関係者と直接つながりを持つ関係筋2人によると、これらの取引所は政府からいっさい通知を受けていないという。

中国は今月、新たなデジタル通貨をローンチして資金調達する「イニシャル・コイン・オファリング(新規仮想通貨公開=ICO)」を禁止したばかりだ。

取引プラットフォーム「ビットスタンプ」でビットコイン(BTC=BTSP)は一時4227ドルに下落し、その後は6.6%安の4309.80ドル。9月2日には5000ドル近辺まで上昇し、過去最高値を付けていた。

ただアナリストは、ビットコインのような資産にとって大幅な値動きは珍しくないと指摘する。

GFIグループのチーフマクロストラテジスト、ジョン・スパランザーニ氏は8日の値下がりについて、一時的な動きとの見方を示し、「ビットコインは存在し続ける」と述べた。

ブロックチェーンのベンチャーキャピタル会社ジェン・アドバイザーズのパートナー、ジェハン・チュウ氏も、中国がビットコイン取引所を閉鎖したとしても、中国仮想通貨市場の終焉にはつながらないとの見方を示した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon