古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ピコ太郎「PPAP」の“共通ネタ”としての強さ アルバムは音楽的切り口も楽しめる作品に

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/12/17 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

【参考:2016年12月5日~2016年12月11日のCDアルバム週間ランキング(2016年12月19日付・ORICON STYLE)】(http://www.oricon.co.jp/rank/ja/w/2016-12-19/)  韓国のグループがワンツーフィニッシュを決めた最新のアルバムチャート。特筆すべきはロングセールスを続ける宇多田ヒカル『Fantome』とRADWIMPS『君の名は。』の動向……という話はここ数回の連載で毎度触れているような気がするが、どちらの作品も驚異的なロングセラーとなった。RADWIMPSに関しては最新作『人間開花』もランクインしており、ビッグタイアップの恩恵を最大限に受けた格好である。ここから年末に向けて2016年振り返り的なムードが強まっていく中で『Fantome』『君の名は。』も一定の露出を果たすと思われるが、そういった動きが今後のチャートアクションにどう影響するか注視していきたい。 (関連:ピコ太郎「PPAP」なぜ世界的に流行? 古坂大魔王のプロデュース力を探る)  さて、今回取り上げるのは3位にランクインしたピコ太郎『PPAP』。前述の宇多田ヒカルやRADWIMPSに負けず劣らずの今年を代表するビッグコンテンツ「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」を含むアルバムがオリコンチャートでも健闘している(本稿ではアルバムを『PPAP』、楽曲を「PPAP」と記載)。「PPAP」に関しては「ロング」バージョンなど6つのバージョンが収録されており、それ以外にもお笑いとテクノの融合した楽曲(と呼んでいいか迷うところではあるが)を多数楽しめる。個人的に好きだったのはハードロック調のトラックをバックにヒヨコとハトやスズメを仕分けしていく「ヒヨコ選別」。また、「PPAP」の「KOSAKA DAIMAOU REMIX」がブンブンサテライツを彷彿とさせるような切れ味鋭い仕上がりになっていたり、「KASHITE KUDASAIYO」の間奏のメロディアスなシンセのフレーズが切なさ成分満載だったり、音楽的な切り口で楽しめる箇所も用意されている。  それにしても、今年の「PPAP」の爆発的なヒットは「何が当たるかわからない」というコンテンツビジネスの常識を改めて証明することになった。ただ、今回のケースには「ジャスティン・ビーバーのツイートによって大きく広がる」というわかりやすいきっかけがあり、しかもウェブ上での情報伝播は対面での口コミよりもトレースがしやすい。「ジャスティンが『PPAP』の何を気に入ったか」を分析したところで今後のコンテンツ作りに活用することは難しいと思われるが(そうやって抽出した成功要因をもとに作ったものが同じように面白い保証はない)、「どういう経路を通じて広まったか」という部分にはある程度一般化できる話が隠れているはずである。日本のコンテンツのグローバル展開を検討するにあたっての重要な示唆が得られる可能性もあるわけで、ネットワーク理論を研究しているような方々のトライを期待したいところである。  「どこが面白いかわからない」という揶揄を受けながらも多くの人にとっての共通のネタとしてすっかり浸透したピコ太郎と「PPAP」。最近では歌番組でもその姿を見かけるが、11月の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)、12月の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)のいずれにおいても歌詞の表示方法が通常とは異なるものになっており(歌唱と同時に手元に歌詞が表示されるというYouTubeの動画を模したスタイル)、番組の作り手側の「このネタをいじくりまわしたい」という欲求が刺激されているさまが窺える。「踊ってみた」動画や様々な形のカバーがネット上に溢れていることも含めて、「真似したい、一緒にやりたい、アレンジしたい」というモチベーションを今年世界で一番引き出したコンテンツが「PPAP」なのだろう。  ちなみに今作には「PPAP」のオリジナル・カラオケバージョンも収録されており、忘年会での披露に向けてその音源目当てで購入した層もそれなりの数がいると思われる。そういった人たちが、「『PPAP』さえあればいい」と思わずに他の楽曲も聴いてくれていることを願わずにはいられない。(レジー)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon