古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

プロが選ぶから。似合う髪色がわかるホームカラー

cafeglobe のロゴ cafeglobe 2017/05/23 cafeglobe編集部
プロが選ぶから。似合う髪色がわかるホームカラー © cafeglobe 提供 プロが選ぶから。似合う髪色がわかるホームカラー

エイジングとともに、増えゆく髪の悩み。うねり、ひろがり、パサつき、ツヤがない、まとまらない......と、挙げればきりがありません。なかでも大人の女性にとってもっとも気になるのが「白髪」。たった一本あるだけでも年齢を感じさせてしまいます。

そんな白髪を自分で染めるホームヘアカラー剤に、新たな風を吹き込んだと話題を集めているのが2017年7月16日(日)より発売される「L'EQUIL(リクイール)エッセンスグローカラー」です。

サロン派? ホームカラー派? 気になる白髪染め事情

© cafeglobe 提供

リクイール エッセンスグローカラー 医薬部外品 10色 各1,800円(税抜)

白髪染めの選択肢は、サロンに行くか、自宅で染めるか、もしくはその両方か。サロンに行くまでの応急処置として、目立つ部分を自分で染める女性も少なくありません。

ホームカラー派の女性にとって、一番の悩みは本当にそのヘアカラーが自分に似合うのかわからないということ。ドラッグストアの店頭で「これかな?」と手にとってはみたものの、実際に染めてみるとイメージと違った、なんて経験がある女性も多いはず。

そんななか、新発売される「リクイール エッセンスグローカラー」が画期的とされるのは、カネボウの店頭カウンターで肌の色に合わせたヘアカラーを選んでもらえるという理由に尽きます。

ファンデーションと同じように、ヘアカラーを選ぶ

「リクイール エッセンスグローカラー」のヘアカラーカウンセリングは、まず肌の色を測定することからスタート。そして「ローズ系」「ブラウン系」「ベージュ系」の3つの色相から肌なじみのいい髪色を導き出していきます。まるでファンデーションを選ぶような細やかさです。

さらに、白髪の量や髪の状態、好みに合わせて、色の明度を決めます。カウンセリングの相手は美容のプロなので「濃い色のリップが好き」「明るい色の服を着ることが多い」といったメイクや装い、ライフスタイルも含めて相談するのもよさそう。明度で迷っても、毛束状のカラーサンプルを顔にあてて見比べて仕上がりイメージが確認できるので、納得のいく一色を選ぶことが可能です。

全10色というカラーバリエーションの豊富さに、ファンデーションやメイクアップアイテムで色にこだわってきた化粧品メーカーならではのこだわりを感じます。髪全体を染めるのはもちろん、リタッチにも使えるのはうれしいですね。

髪の内側と外側からケアする「リクイール」の技術

© cafeglobe 提供

「リクイール」は、肌と同じように"頭皮をスキンケアする"というコンセプトのもとに生まれたブランド。すでに登場しているシャンプー、トリートメント、頭皮用美容液・薬用育毛美容液は、頭皮と髪をベストコンディションへと導く「美髪3品」として人気を集めています。

「リクイール」の技術として特徴的なのは、髪を内側と外側の両方からケアしてくれるということ

健康な髪のキューティクル各層の最表面には、髪の美しさや手触りのよさに大きく関わる"脂質成分"が存在します。しかし、この脂質成分はヘアカラーや紫外線、摩擦などで損なわれやすく、再生することはできません。また、傷みやエイジングによって毛髪内部に空洞ができると、透過する光が散乱して髪が白っぽく色あせて見えてしまいます。

脂質成分を補い、毛髪内部の空洞を埋め、髪を内側と外側の両方からケアするのが「リクイール」が誇る技術です。カラーリングをするとダメージが進むという印象がありますが、「リクイール」ならむしろ、カラーすることで健康的な髪を目指せると言っても過言ではありません。シャンプーとトリートメントにも補修技術が採用されているので、ラインで使い続けてみたいですね。

肌の色にあった髪色を選ぶという今までなかったヘアカラーの発想。もしヘアカラー選びに迷っていたら、美しい大人の艶色を探しにカウンターを訪れてみてください。

[リクイール]

photo by Getty Images, Shutterstock

Cafeglobeの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon