古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」無料公開 「高くて買えない」小学生からの声受け

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/01/19
ベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」無料公開 「高くて買えない」小学生からの声受け: バズメディア「Spotlight」で無料公開された「えんとつ町のプペル」冒頭部 © ITmedia ニュース 提供 バズメディア「Spotlight」で無料公開された「えんとつ町のプペル」冒頭部

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんが1月19日、自らが手掛け、23万部を突破した絵本「えんとつ町のプペル」(幻冬社・税別2000円)をWebサイトで全ページ無料公開した。「2000円は高くて買えない」という小学生からの声を受け、無料公開を決めたという。「お金ではなく『恩』を贈り合う時代に向かったほうが面白い」――西野さんはブログでそんな思いをつづっている。

 書籍をWebで無料公開する取り組みとしては、過去の人気漫画を広告付きで公開したり、発売前の書籍をプロモーション目的で限定公開する例はこれまでにも多数あったが、ヒット中の絵本の完全無料公開は珍しい。

 えんとつ町のプペルは、西野さんが脚本・監督を手掛け、多数のクリエイターとともに作った絵本で、昨年10月に発売。テレビなどで話題になり、23万部を突破するベストセラーになった。

 西野さんは19日、「お金の奴隷解放宣言。」と題したブログ記事を公開。この本について小学生から「2000円は高い。自分で買えない」という声があり、「『えんとつ町のプペル』を子供にも届けたいのに、たった「お金」という理由で、受けとりたくても受けとれない子がいる」と気になっていたと打ち明ける。

 西野さんは「SNSで誰とでも繋がれるようになり、『国民総お隣さん時代』となりました。ならば、お金など介さずとも、昔の田舎の集落のように、物々交換や信用交換で回るモノがあってもおかしくないんじゃないか。「ありがとう」という《恩》で回る人生があってもいいのではないか」と考え、無料公開を決めたという。

 「無料にしてしまうと、食いっぱくれてしまうのではないか?」という不安もあったが、「『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値がある」と考えたという。

 ブログの最後で西野さんは、メッセージをくれた小学生に「もう大丈夫だ、2000円なんて必要ないぞ!」と呼び掛けた上で、「そしてキミが、キミのタイミングで、誰かに恩を贈ればいい」「たぶん、僕らの時代は、そっちに向かった方が面白いと思うよ(*^^*)」とつづっている。

 コンテンツをWebで積極的に共有することで、お金中心の世界を超え、感謝や信頼で世界が回る時代に――「初音ミク」を開発したクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長も2012年のインタビューでこんなふうに語っていた。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon