古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ペット用ウェアラブル「Whistle」にGPS機能追加モデル

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/22 ITMedia
ペット用ウェアラブル「Whistle」にGPS機能追加モデル © ITMedia 提供 ペット用ウェアラブル「Whistle」にGPS機能追加モデル

 ペット用ウェアラブルメーカーの米Whistle Labsは5月21日(現地時間)、昨年発売したペット用ウェアラブルヘルスケア端末「Whistle」にGPS機能を搭載した新モデル「WhistleGPS」の米国での予約受付を開始した。価格は129ドルで来年発売の予定。現在予約すると49ドルで購入できる。

 現行のWhistle(129ドル)は、ペットの首輪などに装着し、歩いたり眠ったり走ったりといった行動をセンサーが読み取って端末に記録したものを、アプリに転送して保存・管理するツール。連係するアプリはiOSおよびAndroid版がある。

 WhistleGPSは、名前の通り、WhistleにGPSによる追跡機能を追加したものだ。同社によると、毎年1000万匹以上のペットが行方不明になっているという。GPSにより、リアルタイムで居場所が確認できるようになる。

 ペット用のGPSサービスは既に幾つかあるが、WhistleGPSは次世代のセルラーネットワークを使うため、従来のGPSサービスより小型の端末で、2倍のバッテリー持続時間を実現するという。

 WhistleGPSのバッテリーは1回の充電で約1週間持続する。サイズは直径38ミリで厚さは10ミリ(オレオクッキーとほぼ同じ)。なお、GPSサービスを利用するには月額5ドルの利用料が発生する。

 WhistleのユーザーがWhistleGPSを購入する場合は、月額利用料は免除される。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon