古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ボイメン 辻本、マジプリ 平野、Da-iCE 大野……『スポダン』で注目のアスリート系メンバーたち

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/05/10 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 過去に関口メンディー(GENERATIONS from EXILE TRIBE)や樽美酒研二(ゴールデンボンバー)などが出場してきたスポーツバラエティ番組『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦』(TBS系)、通称『スポダン』。本日5月11日、同番組の第8回がオンエアされる。今回はオードリー・春日俊彰や森渉といったお馴染みのメンバーに加え、ミュージカル『刀剣乱舞』出演俳優・伊万里有、元キマグレンで現役ボクサーのクレイ勇輝など初出場者も多いが、本稿では“ボーイズグループ”のメンバーに焦点を当て、注目選手を紹介したい。

(関連:BOYS AND MEN「YAMATO☆Dancing」、楽曲に隠された「面白さ」を分析)

 まず目を向けたいのが名古屋を中心に活動する、BOYS AND MENの辻本達規。“エンターテインメント集団”を名乗る同グループは歌やダンスのみならず芝居、ミュージカルもこなし、2016年にはバイオグラフィ映画『BOYS AND MEN 〜One For All, All For One〜』を全国公開し、2017年1月には武道館公演『BOYS AND MEN LIVE 2017 in 武道館 ~One for All, All for One~』を成功させた。近年では俳優活動やバラエティ番組への出演など各メンバーにもスポットが当たる中、テーマカラーが赤の辻本は“情熱的な筋肉キャラ”として活躍している。前回も『スポダン』に出演している辻本は、回転するホイールに取り付けられた4枚のハードルを跳び続ける、最も過酷な競技・ハードジャンパーで過去最多238回を記録。体脂肪率4%~5%を保ち、「脚力No.1」と評される彼の引き締まった脚にも注目したい。

 同じく名古屋から誕生したボーイズグループ・MAG!C☆PRINCEからは平野泰新が参加。メンバー全員が芸能活動ゼロの状態からスタートした同グループだが、5月3日に発売したシングル『UPDATE』でオリコン週間CDシングルランキング初登場2位(2017年05月15日付)を獲得する(参考:http://www.oricon.co.jp/rank/js/w/2017-05-15/)など軸となる音楽活動が順調であるほか、冠番組『本気プリ』(CBC放送)では体を張ったロケに挑戦し、バラエティでのポテンシャルも発揮している。端正な顔立ちで柔らかい雰囲気を纏う平野は、コンサートでバク転を披露するなど身体能力の高さに定評がある。高校時代にはインターハイ団体優勝するなど、男子新体操の第一線で活躍してきた人物なのだ。過去2回番組に出演し、モンスターボックスの世界記録23段を保持する平野の“しなやかな筋肉”から目が離せない。

 初参加組で期待が寄せられるのが、 “日本初、4オクターブボーカル&ダンスグループ”Da-iCEの大野雄大。同グループは2012年にAAAのツアー『AAA TOUR 2012-777- TRIPLE SEVEN』のオープニングアクトを務め、年間100本以上のライブを行なうなどその実力は確かなものだ。過去『ハモネプリーグ』(フジテレビ系)に出場したアカペラグループ・腹筋学園のメンバーでもある大野は、日頃から筋トレと10kmの走り込みを欠かさず行なっているとのことで筋力・体力ともに安定感は抜群。今大会期待の星と言えそうだ。

 初参加組でもう1人の注目株は、九州7県イケメンボーイズアイドルグループ・九州BOYS(仮)の最終候補生である大池瑞樹だ。MAG!C☆PRINCEの後輩にあたる同グループのオーディション応募総数2188人の中を勝ち抜いてきた大池は、ダンス歴15年でワールドヒップホップダンスの元日本代表という経歴を持つ。今回の最年少出場者で「瞬発力No.1」とあり、フレッシュな活躍を見せてくれそうだ。

 今回から腕力と根性が試される新競技・アルティメットホイールも追加される『スポダン』。経験者のみならず、初出場者にも総合優勝のチャンスがありそうだ。果たして、辻本の持つハードジャンパー最多記録と平野の持つモンスターボックス世界記録は破られるのか。各出場者の肉体美を楽しみつつ、“究極の男”の行方に注目したい。(村上夏菜)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon