古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ポケモンGO×鳥取砂丘「スナホ・ゲーム解放区」の今

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2016/11/22
ポケモンGO×鳥取砂丘「スナホ・ゲーム解放区」の今: 鳥取砂丘。何もない砂丘の上にポケストップが整然と並んでいる © ITmedia Mobile 提供 鳥取砂丘。何もない砂丘の上にポケストップが整然と並んでいる

 良くも悪くも注目を集める「Pokemon GO(ポケモンGO)」だが、地域活性化のツールとしても積極的に使われている。

 最近ではレアポケモンである「ラプラス」が宮城県石巻市に大量出現するなど、東北3県とタイアップしての復興支援イベントが話題となったばかりだ(2016年11月22日に発生した福島県沖の地震と津波の影響で終了)。

 こうした地域活性化の先駆者となったのが、鳥取県の鳥取砂丘だ。ポケモンGOでアイテムや経験値(XP)を獲得できる「ポケストップ」は、ポケモンGOの開発元である米Nianticによる位置情報ゲーム「Ingress」の拠点「ポータル」が元になっている。このポータルは、Ingressのプレイヤー(エージェント)であれば申請が可能だった。

 鳥取砂丘では、Ingressのほぼ一人の熱心なプレイヤーが申請し、登録された大量のポータルがポケモンGOのポケストップに使われており、これに気付いた鳥取県が観光誘致に活用すべく、2016年7月25日に鳥取砂丘を「スナホ・ゲーム解放区」にすると宣言。砂丘に整然と並ぶ数多くのポケストップが話題になったことは記憶に新しい。

 もっとも、師走を目前にしたこの時期、ポケモンGOユーザーの間で鳥取砂丘の名が出ることはほとんどなく、その後の動向も伝わってこない。石巻のイベントがポケモンGOユーザーの間で連日話題になったのとは対照的だ。現在の鳥取砂丘はどのような状況になっているのか。実際に行って確かめてみた。

●整然と並ぶ大量のポケストップは健在

 鳥取砂丘は鳥取市内の北部にあり、鳥取の玄関口であるJR鳥取駅を起点とすると、所要時間はおよそ30分。路線バスも出ているが、平日は1時間に最大2本程度なので、タクシーを使う人も多いほか、近隣からはマイカーで訪れる人も多いようだ。近隣のエリアには砂の美術館や鳥取砂丘こどもの国などの施設が立ち並び、観光バスも頻繁に行き来している。

 広大な鳥取砂丘には、現在位置(ブロック)を記した「調査杭」が100メートル間隔で埋め込まれており、それら一つ一つがポケストップになっている。建築物が何もない広大な砂丘だが、ポケモンGOの画面で見ると、ポケストップが格子状に整然と立ち並んでいる。なかなか壮観だ。

●ピークは過ぎた?

 筆者が鳥取砂丘を訪れるのはこれが二度目だ。今回訪れたのは平日の午前中という、人が少ない時間帯だったが、この時間帯でもツアーバスはひっきりなしに出入りしており、観光客もそれなりの数がいる。ただ、砂丘を歩いていてすれ違うのはそれらツアーの観光客ばかりで、ポケモンGOを目的に訪れたとみられるユーザーは、目視で探した限りでは発見できなかった。

 駐車場から砂丘入口にかけて設置された複数のジムを見ていると、いずれも10〜15分サイクルで色が塗り替わっていたので、ポケモンGOユーザーが全くいなかったわけではなさそうだ。しかし「スナホ・ゲーム解放区」の目玉である大量のポケストップを次から次へと渡り歩くようなユーザーには、滞在中ついに巡り会えなかった。

 近所の飲食店で従業員に話を聞いてみたが、週末になるとそれと分かるユーザーの姿はちらほら見られるものの、平日の客足については以前とそう変わりはないらしい。別の店員によると「夏休み期間は親子で訪れるユーザーも多かった」とのことで、いわゆる「ポケモンGO効果」と呼べる集客効果は、既にピークが過ぎた状況にあるようだ。別の店でも話を聞いたが、おおむね見解は同じだった。

 タクシーの運転手にも話を聞いてみたが、こちらは「ポケモン」というワードそのものにピンと来ておらず「ああ、そういえば何かやってましたねえ」と、てんで興味がない様子だった。「それよりも今はカニですよ、カニ」と、今回の取材日直前に解禁になったカニを熱心にPRされた。さすが蟹取県の面目躍如といったところである。

●「このままでは厳しい」と感じた理由あれこれ

 今回現地に行ってみて、ポケモンGOの1ユーザーとして「このままでは厳しいだろうな」と感じた点がいくつかある。

 一つは、ポケストップの数は確かに多いものの、単に林立しているだけにすぎないことだ。もし至るところにルアーが挿さっており、アイテムを回収しつつポケモンをゲットできるのならばモチベーションも上がりそうだが、今回訪れた際はどのポケストップにもルアーはなく、閑散とした状態だった。

 週末には有志によってルアーが挿さっているケースも多いと聞くが、いかんせんポケストップの数が多いので、一つや二つ挿したところで焼け石に水であることは容易に想像できる。市の担当部署などが旗振り役となって大量のルアーを定期的に挿し、その時間帯を告知するくらいの動きはあっていいように思う。現状は、大量のポケストップというせっかくのリソースを、うまく活用できていない印象を受けた。

 ちなみにこの鳥取砂丘の大量のポケストップ、ニュースで見聞きする限りではぎっしりと密集しているイメージがあるが、前述のように間隔は100mも開いている。歩数にすると100〜150歩も離れており、かつ多くは傾斜がついた場所にあるため、ポケストップを渡り歩きながらアイテムを回収する際、体力の消耗度は平地の比ではない。

 今回、アイテムを大量に補給できることを期待してバッグの中身をかなり減らした状態で訪れたのだが、早々にあきらめてしまったほどだ。

 さらに、砂丘ならではの事情と言ってしまえばそれまでだが、途中休憩できるベンチや段差が全くないのも、方角を定めずに歩き回るゲームの性格上、なかなかつらいものがある。ポケストップが林立しているのはすり鉢状になった底の部分なのだが、現地で椅子が置かれているのは砂丘の入口だ、すり鉢状の「縁」の部分だけなので、休憩するには斜面を登り切り、終わったらまた斜面を下りなくてはいけない。

 また、出現するポケモンに、これといった特色がないのもつらい。鳥取砂丘はすぐ北側が海なので(もともと鳥取砂丘は海岸に集まった砂が堆積してできている)、出現するのは主に「みず」タイプのポケモンばかりで、それゆえ砂丘でコイキングが何匹も跳ねているというシュールな光景が見られるのだが、ポケモンの種類そのものは他地域の水辺で見られる顔ぶれとそう変わらず、あまり新鮮味はなく、また極端な偏りもない。

 聞くところによると、Nianticでは有償で特定のポケモンを出現させるというプログラムは用意しておらず、石巻で大量出現しているラプラスも例外ではないとのことなので、市側の意向でレアポケモンを出現させるのは難しそうだが、クラブやキングラーを大量に出現させて「蟹取県」として強烈なインパクトを与えるなど、考えればアイデアはいくつも出てきそうだ(ユーザーに歓迎されるかは不明だが)。

 そうした創意工夫の余地がどこかにあればよいのだが、現状では未知数だ。

●レベルアップおよびレアポケモン収集のニーズに対応するには

 と、現地を訪れた1ユーザーとして所感を述べてみたが、「みず」タイプのポケモンに限れば、出現するバリエーションに富んでいるので、種類を集める目的であれば、注目のスポットであることに変わりはない。

 もっとも裏を返せば、レベルアップを目的に大量のポケモンを収集したいニーズにはいまいち合っておらず、最近になって集客効果が薄れてきているのは、捕獲可能な一通りのポケモンをコンプリートしたためだと仮定すると、話のつじつまは合っているように思える。このあたりをどう解決するかが課題となりそうだ。

 ちなみに鳥取県内ではほかに皆生(かいけ)温泉という、レアポケモンも出現するスポットがよく知られており、実際に歩き回った限りではポケモンの出現数はそちらがはるかに多い。鳥取砂丘は人通りや障害物がないこと、また駐車場が広いため車でアクセスしやすいなどのアドバンテージはあるが、レベルアップおよびレアポケモンの収集に注力するユーザーにとっては、むしろ皆生温泉のほうが魅力的かもしれない。

※記事初出時、皆生温泉の読み仮名に誤りがありました。おわびして訂正いたします。

 「スナホ・ゲーム解放区宣言」以降、しばらく大きな動きは見られないが、これから先、ユーザーがアッと驚く先駆者らしい取り組みを期待したいところだ。

[山口真弘,ITmedia]

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon