古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ポケモンGOで遊ぶなら、Apple WatchとGO Plusのどっちがいい?

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2016/12/23
ポケモンGOで遊ぶなら、Apple WatchとGO Plusのどっちがいい?: Apple WatchとPokemon GO Plus © ITmedia Mobile 提供 Apple WatchとPokemon GO Plus

 「Pokemon GO(以下、ポケモンGO)」の「Apple Watch」対応版が公開された。ポケモンGOのアプリをインストールしたiPhoneとペアリングしたApple Watchで、さまざまな機能が楽しめる。

 一方、ポケモンGO対応の周辺機器としては、腕に巻いたり、ポケットなどにクリップしたりして携帯できる「Pokemon GO Plus」が販売中だ。こちらはディスプレイがないため、LEDランプの色と点滅、振動のパターンの組み合わせでシンプルな通知しかできない(後からアプリ内のぼうけんノートで内容確認)。

 しかし、Pokemon GO Plusは出現したポケモンを捕まえられるなど、Apple Watchにはない特徴もある。2016年12月23日現在、2つの機器でそれぞれどのようなプレイができるかをまとめた。

●Apple WatchとPokemon GO Plusがサポートする機能の違い

〇出現したポケモンの通知

・Apple Watch「○」 ポケモンの種類を画面に表示、本体が振動(周囲の「かくれているポケモン」は出現するまで通知されない)

・Pokemon GO Plus「△」 出現したポケモンをLEDの点滅で通知(捕まえたことのないポケモンは黄色、捕まえたことのあるポケモンは緑色に点滅、ポケモンの種類は分からず)、本体が振動

〇出現したポケモンのゲット

・Apple Watch「×」 捕まえられない(捕まえる場合はiPhoneか別途Pokemon GO Plusを使用)

・Pokemon GO Plus「△」 ボタンを押すとモンスターボールを投げて捕まえられる(ボールを投げるのは1回切り、ボールの種類は選択できない)

〇近くにあるポケストップの通知

・Apple Watch「○」 ポケストップの名前を画面に表示、本体が振動

・Pokemon GO Plus「△」 ポケストップをLEDの点滅で通知(青色に点滅)、本体が振動

〇近くにあるポケストップからの道具入手

・Apple Watch「○」 画面内のポケストップを回して道具入手(ポケストップの写真と入手した道具の種類と数、獲得XPを画面表示)

・Pokemon GO Plus「△」 ボタンを押すと道具入手、入手した道具の数だけ本体が振動(入手した道具の種類は分からず)

〇ポケモンのタマゴふ化

・Apple Watch「○」 タマゴの種類と数、それぞれ距離の状態を画面表示しつつカウント可能、ふ化したポケモンの通知

・Pokemon GO Plus「△」 距離のカウント可能(タマゴの種類と数、距離の状況は通知非対応)、ふ化の通知非対応(必要な距離を満たしていても、アプリで表示するまでふ化しない)

〇相棒ポケモンのアメ発見

・Apple Watch「○」 相棒ポケモンの種類と距離の状況を画面表示しつつカウント可能、アメ発見を通知

・Pokemon GO Plus「△」 距離のカウント可能(相棒ポケモンの種類と距離の状況は通知非対応)、アメ発見の通知非対応(アプリで表示するまで発見通知しない)

〇メダルの入手

・Apple Watch「○」 入手したメダルを通知

・Pokemon GO Plus「×」 メダルの通知非対応

〇対応機種

・Apple Watch「△」 Apple Watchに対応するiPhone(iPhone 5以降)

・Pokemon GO Plus「○」 iOS 8〜10、Android 4.4〜6.0

〇バッテリー駆動時間

・Apple Watch「△」 最大18時間(内蔵バッテリー)

・Pokemon GO Plus「○」 約100日(コイン形電池CR2032)

※アプリの使用状況や周囲の温度などの環境で変化する。Apple Watchのバッテリー駆動時間はポケモンGOプレイ時ではなく、Appleが公開しているApple Watchの標準的な利用シーンを想定したテスト計測値

〇ポケモンGOアプリの起動状態

・Apple Watch「○」 ペアリングしたiPhoneでポケモンGOアプリが起動していなくてもプレイ可能

・Pokemon GO Plus「△」 スマホやタブレットのポケモンGOアプリを起動し、Pokemon GO Plus接続ボタンをオンにしておく必要あり(アプリのバックグラウンド動作は対応)

〇プレイ時間の仕様

・Apple Watch 起動後のセッション開始から終了まで

・Pokemon GO Plus 1時間の連続使用で接続解除、再接続が必要

〇本体サイズと重量

・Apple Watch 42mmモデル 36.4(幅)×42.5(奥行き)×11.4(高さ)mm、約34.2g

・Apple Watch 38mmモデル 33.3(幅)×38.6(奥行き)×11.4(高さ)mm、約28.2g

・Pokemon GO Plus 33(幅)×46(奥行き)×17.5(高さ)mm、約13g(電池含む)

※Apple WatchはSeries 2アルミニウムケースの例、組み合わせるバンドによって重量の増加分は異なる

〇価格(税別)

・Apple Watch 2万7800円から

・Pokemon GO Plus 3500円

※Apple WatchはポケモンGO以外にもスマートウォッチとして豊富な機能を持つ

〇その他

・Apple Watch 消費カロリー表示、ゲーム内の歩数などをApple Watchのアクティビティデータに追加、防沫性能(Series 1)、50mの耐水性能(Series 2)

〇どちらも非対応の主な機能

・近くにあるジムの通知、ジムでのバトル

・ポケモンの整理

・道具(おこうやルアーモジュールなど)の使用、整理

・ショップでの道具購入

・図鑑の確認

・相棒ポケモンの選択

・トレーナーの着替え

・ぼうけんノートの確認

●Apple WatchとGO Plusの併用も可能だが……

 このように、Apple Watchは当初期待されていたようなPokemon GO Plusの完全上位互換アイテムとはならなかった。現状ではポケモンGOがApple Watchのキラーアプリになるには機能不足の感が否めないが、既にApple Watchを所有していてポケモンGOをプレイしているユーザーにとっては役立つ補助ツールになるだろう。

 Apple Watchの方がサポートする機能が多く、内蔵ディスプレイを利用した詳細な情報表示が可能だが、肝心のポケモンを捕まえる機能がないのは残念だ。ポケモンを捕まえる場合は、Apple WatchとペアリングしたiPhoneでポケモンGOのアプリを立ち上げる必要がある。また、1日中遊ぶといった場合には、バッテリー駆動時間がネックになるだろう。ただし、ペアリングしたiPhoneでポケモンGOが起動していなくてもプレイできること、タマゴのふ化ができることはPokemon GO Plusにはない利点だ。

 Pokemon GO Plusはモンスターボールを1回投げられるだけという制限付きだが、出現したポケモンを捕まえられる機能があるのは大きい。ポケモンGOのためのシンプルな機器なので、低価格、小型軽量、長時間駆動といったメリットもある。しかし、通知以外ではタマゴのふ化が単体でできず、必要な距離に達していても、アプリを立ち上げるまでふ化が行われないため、移動距離にロスが発生しやすい。

 ちなみに、Apple WatchとPokemon GO Plusを同時に利用しながらポケモンGOを楽しむこともできる。両方の機器を持っていれば、Apple Watchで出現したポケモンを確認し、珍しくないポケモンならPokemon GO Plusのボタンを押してモンスターボールを投げる、珍しいポケモンならスマホのアプリで丁寧に捕まえる、タマゴのふ化はApple Watchで行う、といった使い分けが可能だ。

 Apple WatchやPokemon GO Plusは、ポケモンGOでの歩きスマホを抑制し、移動しながらスマートに遊べるアイテムとして注目されているが、実際にそれぞれの機能をフル活用しようとすると、スマホ、Apple Watch、Pokemon GO Plusの3つを同時利用することになってしまい、スマートさに欠けるプレイスタイルに陥る。また、Apple Watchでの操作はスマホやPokemon GO Plusに比べてレスポンスがやや遅れる印象だ。

 しかし、Apple Watchでポケモンを捕まえられるようになれば、移動中に行いたい主なアクションはスマホを取り出さずに済むようになる(Apple WatchがあればPokemon GO Plusが不要になる)ため、今後のアップデートに期待したい。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon