古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

マイクラにぴったりな高コスパノートはこれだ!

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/04/07
マイクラにぴったりな高コスパノートはこれだ!: eX.computer note N1502Kシリーズは、15.6型液晶ディスプレイを搭載したスタンダードノートPC。実用性の高い性能、機能とリーズナブルな価格を両立したコスパの高さが特徴だ © ITmedia PC USER 提供 eX.computer note N1502Kシリーズは、15.6型液晶ディスプレイを搭載したスタンダードノートPC。実用性の高い性能、機能とリーズナブルな価格を両立したコスパの高さが特徴だ

●メインで使える実用性重視の性能機能、高コスパを兼ね備える

 eX.computer note N1502Kシリーズは、ツクモのオリジナルPCブランド「eX.computer」の15.6型液晶ディスプレイ搭載スタンダードノートPCだ。7万4800円(税別)とリーズナブルなプライスながら全モデルにSSDを標準搭載しており、実用性が高く、コストパフォーマンスに優れる。

 BTOには対応しない固定スペックのモデルだが、5モデルのラインアップを用意して用途や予算に合わせて選べるようになっている。今回は上位からCore i5-7200Uを搭載した上位から2番目のモデル「N1502K-520T」をレビューしよう。

 基本スペックは以下の表にまとめた。詳細は後ほど言及するが、データストレージにSSDを採用しているほか、光学ドライブを内蔵。さらにインタフェースも充実していることから、メインのPCとしてしっかり使える基本スペックといえる。

●シンプルなデザインのスリムボディ

 ボディは、15.6型の液晶ディスプレイと工学ドライブを搭載したノートPCとしては非常にスリムなフォルムが印象的だ。デザインもシンプルで、オフィスや書斎、リビングなど、さまざまな場所で違和感なく使えそうだ。

 ボディーの具体的なサイズは、約374(幅)×259(奥行き)×12〜24.7(高さ)mmで、重量は約2.1kgだ。実測重量は2025gと、公称値より若干軽かった。

 背面部に搭載するリチウムイオンバッテリーの容量は32ワットアワーで、公称のバッテリー駆動時間は約3.4時間となっている。停電が起きたり、ACアダプターが不意に外れた場合でも作業が続けることは可能というレベルの駆動時間で、基本的にACアダプターなしでの運用は想定されていないということだろう。

 それでも、ACアダプターも小型軽量なので、室内での移動や、出張や合宿などのイベントの際に、ACアダプターと一緒に持ち出すことは苦にならない。

●メインでしっかり使える実用性重視の基本スペック

 CPUにはIntel最新の第7世代CoreプロセッサーのミドルレンジモデルであるCore i5-7200Uを採用している。この世代では製造技術の最適化を進めた14nm+プロセスルールを採用することで電力効率を高め、性能を底上げしている。

 なかでもCore i5-7200Uは、据え置き型、モバイルPC含めてノートPC全般に採用例が多いモデル。より高性能なCPUはあるものの、オフィスから写真や動画の編集、ゲームまで、ひと通りの作業に対応できる。

 メモリはPC3L12800 SO-DIMMを採用しており、容量は8GB(4GB×2枚)を搭載する。ストレージとしては、275GBのSSDを搭載する。評価機ではCrucialのMX300(CT275MX300SSD4)を搭載していた。

 ストレージをSSDのみに固定したことは英断だろう。ストレージは体感性能への影響が非常に高く、特にSSDであるかHDDであるかの違いだけで使用感に天と地ほどの差があるといっても過言ではない。「標準はHDDで、SSDをオプションで用意する」といった対応なら標準構成の価格は安くできるが、ユーザーにはメリットが乏しい。入門者の場合は価格優先でHDDを選択してしまい、後悔するという残念なことにもなりかねない。快適に使えるスペックに固定としている点は、ユーザーの立場に立った好判断といえるだろう。

 275GBという容量は少なめではあるが、システムドライブ(OS/アプリケーションをインストールするドライブ)としては十分。入門者ならこれだけでも当面は不足することはないだろう。写真や動画などデータファイルが増えてきたら、USB 3.0対応の外付けSSD/HDDやNASを利用するという手もある。

●豊富なインタフェース

 最近のノートPCでは省かれることも多い光学ドライブとして、DVDスーパーマルチドライブを内蔵しているのも特徴。利用頻度は少ないかもしれないが、不要であるともいえない状況だ。フットプリントが大きい大画面ノートPCは外付けで利用しようとするとスペースをかなり占有されてしまうので、内蔵されていたほうが便利には違いない。

 通信機能は、1000BASE-T対応有線LANに加えて、IEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2を搭載する。インタフェースは、2基ずつのUSB 3.0、USB 2.0に加え、ディスプレイ出力としてアナログRGB出力(D-Sub15ピン)、HDMI出力を装備する。前面にはSDメモリーカード(SDHC/SDXC対応)やメモリースティック(Pro/Duo対応)が使えるカードリーダー、液晶上にはWebカメラ(HD画質)を装備する。欲を言えば、将来普及が見込まれるUSB Type-Cポートがあればさらに良かったが、許容できるだろう。

●15.6型の大画面とテンキー付きキーボードを搭載

 15.6型ワイドサイズの画面には、1920×1080ピクセル表示に対応した液晶ディスプレイを採用している。表面は非光沢のノングレア仕上げのため照明などが映りこみにくい。パネルの種類は公開されていないが、上下方向から見た視野角が狭いことからTNパネルと思われる。

 キーボードは、テンキー付きの6列のアイソレーションタイプを搭載している。通常キーとカーソルキーやテンキーの間隔が広くとられていないため、慣れないうちはミスタイプしやすいかもしれない。実測のキーピッチは18×18mmだった。フルサイズ(19×19mmが標準)ではないが、窮屈な感じは特にない。

 キーボード手前には2ボタン式のタッチパッドも装備する。シナプティクスのドライバが導入されており、2本指でのスクロールやズーム機能などにも対応する。左右独立型のボタンの操作感も良好だ。

●最新システムならではの高性能

 ベンチマークテストの結果を以下に掲載する。

 CINEBENCH R15のCPUスコアは335で、CPUの性能をきっちり発揮できていることが分かる。CrystalDiskMarkで計測したSSDの性能は、PC向けのSSDとしては特に目立つものではないが、HDDとは比べるまでもなく優秀で、快適なレスポンスで使える。

 PCMark 8は、Webブラウザやエンターテイメントを含む家庭での作業(Home)、クリエイティブな作業(Creative)、基本的なビジネス作業(Work)をシミュレートするテストだ。突出したスコアではないが、ひと通りの作業をこなせる水準にあることを示している。CPU内蔵グラフィックスを利用しているため、3D描画性能は高いとはいえないが、ブラウザベースのゲームやMMO RPGなども多少画質設定を妥協すればひと通り楽しめるだけの性能はある。

 PC版のマインクラフトのデモ版(デフォルト設定)を試してみたところ、1280×720ピクセルでは100fps以上、1920×1080ピクセルでも80〜90fps前後のフレームレート(FRAPSで計測)が出ており、スムースにプレイが楽しめた。

●放熱性能は優秀

 動作音については、アイドル時や低負荷時は静かで、意識すれば動作音が分かるという程度だ。ゲームなどで高負荷をかけるとそれなりに大きくはなる。

 発熱は本体左側の底部が中心だが、最も発熱が高い部分でも37.5度とそう高くない。手が多く触れるパームレスト面は高負荷時でもほとんど発熱を感じない。放熱性能は非常に優秀で安心感があるといえるだろう。

●PC入門者、新社会人や新入生にもぴったりなスタンダードPC

 スタンダードということで、最新PCとしては特別に高速というわけではないが、最新ならではの技術の進歩をしっかり生かした構成となっている。機能面でも絞りすぎていないため、日常操作が快適にできるのはもちろん、オフィス、エンターテイメント、ゲームまで、しっかり楽しめる仕上がりだ。

 ツクモでの販売価格は、7万4800円(税別)だ。しっかり使える性能とリーズナブルな価格を両立しており、PCの入門用としては間違いない1台といえる。これからPCを活用して知見を広めていきたい新社会人や新入生にもピッタリだろう。

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon