古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

マクロン仏大統領、超党派で組閣 下院選へ広い支持狙う

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/17

[パリ 17日 ロイター] - マクロン仏大統領は17日、新内閣の閣僚名簿を発表した。右派、左派といった政治信条を問わず各分野から様々な人材を登用し、公約通り党派を超えた布陣となった。右派と左派の溝を埋め、幅広い支持の獲得を狙う。

すでに指名されている右派・共和党のフィリップ首相を筆頭に、外相には左派・社会党のルドリアン前国防相を任命。マクロン氏は多様な速度による欧州連合(EU)の統合強化を推進しており、親EUを強調する格好となった。

マクロン仏大統領が超党派組閣 外相にルドリアン氏起用、親EU強調 © REUTERS マクロン仏大統領が超党派組閣 外相にルドリアン氏起用、親EU強調

その他、経済相には共和党のルメール元農相、内相には社会党でリヨン市長のコロン氏、法相には中道政党「民主運動」のバイル議長などをそれぞれ起用した。

マクロン大統領は大統領府でのフィリップ首相との写真をツイッターに投稿し、フィリップ氏は「フランスを変えるための統一と刷新の内閣の首相だ」と述べた。

経済相に起用されたルメール氏は「政治家の些細な争いや党派間の対立をやめ、迅速で建設的な意思決定のために討論する」必要があると強調した。

マクロン氏は6月の国民議会(下院)選挙での支持獲得に向け、微妙な舵取りを迫られる。初期の世論調査によると、マクロン派の新党「共和国前進(REM)」は他党を抑えて第1党を獲得するとみられている。

下院選で共和国前進の最大のライバルとなるとみられる共和党は今回の組閣について「この暫定内閣の主な目的は下院選に向けて(政党の)区別をあいまいにし、国民を困惑させることだ」として批判し、新政権に加わった者はもはや共和党員とは言えないとした。

社会党も新内閣の顔ぶれについて「公共サービスを崩壊させる」右派政権で、真の変革を生むにはベテラン議員が多すぎるとの見方を示した。

*内容を追加して再送します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon