古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

マレーシア中銀、政策金利を3.00%に据え置き

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/13
マレーシア中銀、政策金利を3.00%に据え置き © REUTERS マレーシア中銀、政策金利を3.00%に据え置き

[クアラルンプール 13日 ロイター] - マレーシア中央銀行は13日、政策金利を予想通り3.00%に据え置いた。経済は安定した成長を維持しており、インフレ圧力は和らいだとみている。

ロイター調査ではエコノミスト12人全員が政策金利(MYINTR=ECI)の据え置きを予想していた。

中銀は声明で「現行水準の政策金利では、金融政策スタンスは緩和的であり、経済活動を支えている」と指摘した。

また、世界経済の成長見通し改善に支えられた輸出の持続的な好調が、経済成長をけん引するとの見方を示した。

3月に8年ぶり高水準となる5.1%まで上昇したインフレ率は、5月には3.9%に低下した。

中銀は昨年7月、過去7年余りで初めての利下げを実施。以来、金利を据え置いている。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon