古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ミア・ハンセン=ラヴ最新作『未来よ こんにちは』公開決定 イザベル・ユペールが主人公に

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/12/02 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作「Things to Come(英題)」が、『未来よ こんにちは』の邦題で2017年3月下旬に公開されることが決定した。 参考:荻野洋一の『母の残像』評:“2016年路地裏の映画史”ラストを飾る、〈母の死〉から始まる物語  本作は、『あの夏の子供たち』『EDEN/エデン』のミア・ハンセン=ラヴ監督最新作となる人間ドラマ。バカンスシーズンを前にして突然夫から離婚を告げられた哲学教師ナタリーが、次々と起こる想定外の出来事にうろたえても立ち止まらず、未来を信じて突き進む模様を描き出す。  主演は『ピアニスト』『母の残像』のイザベル・ユペール。ハンセン=ラヴ監督はユペールを想定して脚本を書き上げたという。共演には、『偉大なるマルグリット』のアンドレ・マルコン、『EDEN/エデン』のロマン・コリンカ、『ホーリー・モーターズ』のエディット・スコブらが名を連ねる。劇中では、シューベルトの「水の上で歌う」、映画『ゴースト/ニューヨークの幻』でおなじみの「アンチェインド・メロディ」や、ウディ・ガスリーの楽曲などが使用されている。  あわせて公開されたポスタービジュアルには、“自分のために花を買う”の文字とともに、ユペール演じるナタリーが花を挿した花瓶を手にした姿が捉えられている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon