古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ミャンマーで植民地時代の詩暗誦の英外相、大使が「不適切」と制止

Reuters のロゴ Reuters 2017/10/02

[ロンドン 30日 ロイター] - ジョンソン英外相が今年1月にミャンマーを訪問した際、寺院で植民地時代の詩を暗誦し始め、駐ミャンマー大使に制止される場面があったことが分かった。

外相は、ヤンゴンの寺院シュエダゴン・パゴダで鐘を鳴らした後、キップリングの詩「マンダレー」を暗誦し「寺院の鐘が言っている。衛兵よ、戻っておくれ」などの箇所を口ずさむ場面がテレビカメラに映された。

ミャンマーで植民地時代の詩暗誦の英外相、大使が「不適切」と制止 © REUTERS ミャンマーで植民地時代の詩暗誦の英外相、大使が「不適切」と制止

この詩は、植民地時代の英国兵と現地の女性の恋愛が詠われた内容で、暗誦が続くにつれ、アンドリュー・パトリック大使が「マイクが入ってます。適切ではありません」と制止した。

制止を受けた外相は「いいものだね」などと言いながら、携帯電話で写真を撮り始めたという。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon