古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

メキシコ湾岸製油所、洪水で稼動停止相次ぐ 米燃料価格が急上昇

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/28

[ヒューストン 28日 ロイター] - 米メキシコ湾岸では28日、ハリケーンから熱帯低気圧に変わった「ハービー」による大規模な洪水の影響で稼動を停止する製油所がさらに増え、米国の製油能力の13%超が停止状態となった。これを受け、ガソリンなど燃料価格が急上昇した。

メキシコ湾岸ではハービーの影響で既にエクソンモービル(XOM.N)がテキサス州ベイタウンの製油所を停止したほか、ボーモント製油所でも生産を縮小。バレロ・エナジー(VLO.N)などもこれまでに一部製油所の稼動を停止している。

メキシコ湾岸製油所、洪水で稼動停止相次ぐ 米燃料価格が急上昇 © REUTERS メキシコ湾岸製油所、洪水で稼動停止相次ぐ 米燃料価格が急上昇

関係筋によると、28日には新たにマラソン・ペトロリアム(MPC.N)とライオンデルバセル・インダストリーズ(LYB.N)がテキサス州の製油所の生産を半分に削減した。

また、モティバ・エンタープライゼズが同州ポート・アーサーに保有する全米最大の製油所も、水位上昇を受けて停止を検討しているもようだ。

こうした中、米ガソリン先物相場(RBc1)は28日、7%高の1ガロン=1.78ドルと、2015年7月下旬以来の高値を付けた。

ハービーの影響で日量245万バレル分の製油能力が稼動停止となっている。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon