古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

メモリ主導型コンピューティングでたくさんデータを使うと、どうなるか?

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/02/03
メモリ主導型コンピューティングでたくさんデータを使うと、どうなるか?: より多くの情報からより正確な診断が可能になります © ITmedia エンタープライズ 提供 より多くの情報からより正確な診断が可能になります

 本連載で紹介しているメモリ主導型コンピューティングは、次世代の不揮発性メモリを使用した階層構造のない記憶領域において、フォトニクス技術を使用した光伝送によって距離の制限を克服し、広大なメモリ空間を得ることができます。このメモリ空間は電源を切っても内容が失われず、永続化された一次データとして使用することで、CPUを汎用ではなく用途特化型にすることができます。不揮発性メモリ、光伝送、用途特化型コアによって大幅に消費電力を削減し、一次データを直接操作できることで無駄なCPU時間を削減して処理を高速化します。

 このアーキテクチャは、大量のデータへの高速かつさまざまなアクセスがランダムに発生する用途に特に効果的です。今回はメモリ主導型コンピューティングによって実現されるかもしれない世界を紹介しましょう。

●希有な病への対抗に“光”

 まずは医療です。健康や病気の予防などへの関心は高く、テレビでもよく取り上げられます。番組では、例えばインターンが症状から病気を予測しながら特定していくシーンや、ドラマでも細部に見られる症例から病名を特定していく様子が描かれます。

 現代の医療診断は、基本的に目の前に見える表面的な症状と、「一般的な患者」の違いを比較して結論が出されます。比較のために、特定の数値やレントゲンなどによる体内の状態、音などの多くの情報を利用しますが、あくまでも「いま見えている情報」が比較対象になります。したがって、表面に出てこない症状を伴う疾病は特定しにくく、発見が遅れることになります。

 そこで、もし過去のあらゆる健康記録や医療記録を調べ、さらには原因や因子を特定するために、個体から地球レベルまでの人口全体で環境やゲノム、実際に現れる症状を全て分析できたらどうでしょうか。上述のテレビドラマでも、インターンが患者の家庭環境やゴミ箱の中身まで調べ上げるシーンがありました。つまりこれらの情報は、表面には現れていない原因や因子を探ることに役立ちます。

 メモリ主導型コンピューティングの広大な不揮発性メモリによる記憶領域があれば、このような細部にわたる情報を全て保持し、検索できるようになります。膨大な情報の組み合わせから病気を予測したり、正しい診断を下すまでの時間を大幅に短縮したりでき、特定の病気の発生を未然に抑制することも可能になるでしょう。

 患者一人ひとりの過去の医療記録は、健康記録や遺伝子情報から地方や文化の歴史に至るまで、他の何百万もの記録と比較していくことで、掘り下げられるようになります。特定の因子を持った一握りの人々にだけ発生するような疾病を発見することも容易になるかもしれません。もちろん患者自身が世界の医療情報を利用して、個別化された治療法をより適切に発見できるでしょう。

 こうした効果を実現するためには、個人情報の保護やセキュリティ対策をいった課題を伴いますが、より多くの情報を保持し、それをより広範に、かつ、高速で検索できることによって、ユーザーはよりパーソナライズされた正確な結果を手にできます。

●勝てなかったサイバー攻撃に対抗する

 また、このコンピュータアーキテクチャはセキュリティ対策にも効果を発揮するでしょう。

 現在、あるセキュリティ監視センターでは、毎秒5万件のイベントを処理し、そのイベントを5分間保持しています。これ以上ものイベントを保持しても、過去の記録との比較処理に長い時間を要することから、サイバー攻撃などの分析にとってあまり有効ではないことから、保持期間はこのぐらいが妥当なようです。

 ここでメモリ主導型コンピューティングを利用すれば、毎秒のイベント処理数を100万件に、また、その保持期間を14日にすることができます。メモリ内で過去のユーザーの行動や繰り返される脅威などの膨大な記録を分析対象として瞬時に処理すれば、何が正常で何が異常なのかの検知をより正確に判断し、これまで見つけられなかった脅威を見つけたり、サイバー攻撃などを防ぐために役立つヒントを得たりできます。

 セキュリティ担当者にとってはこうした分析が手助けとなり、いま集中すべきことが判断しやすくなります。分単位で変化するような複雑な攻撃パターンへの対処も、より素早く実施できるようになるでしょう。また、蓄積されたセキュリティインシデントの記録から対応シナリオなども組み込め、あらゆる角度から脅威につながるパターンを事前に見つけ出せるようになります。

 こうなればセキュリティ侵害の発生時に、既に判明しているシナリオから対処できる――攻撃者に仕返しをするといったような、SFアニメで言う「攻勢防壁」のような行動が可能になるかもしれません。そのために欠かせない正確な判断がメモリ主導型コンピューティングによって可能になってきます。

 今回は2つほどご紹介しましたが、階層を排除した広大なメモリ空間で大量の情報処理を高速に行えるこのアーキテクチャによって、他にはどのようなことが実現されるのでしょうか。次回も少し紹介をしたいと思います。

●三宅祐典(みやけ ゆうすけ)

日本ヒューレット・パッカード株式会社の「The Machineエバンジェリスト」。Hewlett Packard Enterprise(HPE)の中央研究所「Hewlett Packard Labs」が認定するエバンジェリストであるとともに、普段はミッションクリティカルなサーバ製品を担当するプリセールスSEとして導入提案や技術支援を行う。ベンチマークセンターのエンジニアとしてHP-UXとOracleデータベースの拡販支援やサイジングを担当後、プリセールスエンジニアとして主に流通業のお客様やパートナー様の提案支援を経験し、現在に至る。

趣味はスキー、ダイビングといった道具でカバーできるスポーツ。三宅氏のブログはこちら。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon