古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ユーロが対ドルで上昇、仏大統領選前に買い戻される=NY市場

Reuters のロゴ Reuters 2017/04/20

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで上昇した。23日のフランス大統領選の第1回投票を前に、これまでユーロ売りに回っていた投資家の間に買い戻す動きが出た。

アナリストは、2週間後の仏大統領選の第2回投票で中道・右派のマクロン前経済相が極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首を大差で破るとの世論調査結果が市場で材料視されたとの見方を示した。

シンク・マーケッツのチーフ市場アナリスト、ナイーム・アスラム氏は、市場はマクロン氏がフランスを悲惨な状況から抜け出させる能力があるとの見方に傾いていると指摘した。

ユーロ/ドル(EUR=)は0.09%高の1.0719ドルで取引された。3週間ぶり高値水準の1.0777ドルをつける場面もあった。

主要6通貨に対するドル指数(.DXY)は0.06%高の99.796。一時は3週間超ぶりの安値水準である99.374まで下げる場面もあった。ただ、この日発表の米新規失業保険申請件数やフィラデルフィア地区連銀の4月の業況指数が緩やかな米経済成長が続いていることを示していると受け止められたため、買い戻された。

ドル指数はここ数週間、トランプ米大統領が打ち出した減税や財政政策などの実現性に関する懸念や、市場予想を下回る経済指標などを背景に下落傾向にある。

今週は、英国のメイ首相が総選挙を6月に前倒しする意向を示したこともドルを圧迫。ポンド/ドル(GBP=)は0.29%高の1.2814ドルだった。

一方、豪ドル(AUD=)やニュージーランドドル(NZD=)といったコモディティー通貨も対ドルで持ち直す動きが見られた。

ユーロが対ドルで上昇、仏大統領選前に買い戻される=NY市場 © REUTERS ユーロが対ドルで上昇、仏大統領選前に買い戻される=NY市場

ドル/円 NY終値 109.31/109.33

始値 109.08

高値 109.48

安値 108.99

ユーロ/ドル NY終値 1.0714/1.0720

始値 1.0755

高値 1.0777

安値 1.0715

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon