古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ヨーグルトは腐ることはあるの?

エキサイト Bit のロゴ エキサイト Bit 2017/07/23 石原亜香利
© Excite Bit 提供

市販のプレーンヨーグルトやフルーツヨーグルトを、冷蔵庫に常備している人は多いだろう。そんなおなじみのヨーグルトだが、腐ることがあるのだろうか。また、もし腐っているとすれば、見た目や匂いで判断することはできるのか。管理栄養士に聞いてみた。

ヨーグルトは腐る?

今回話を聞かせてくれたのは、スギ薬局 原店に勤務する管理栄養士・青山真奈さんだ。そもそもヨーグルトは腐ることがあるのか。

「ヨーグルトは発酵食品なので、腐るというよりは、カビが生えることが多いです。色がいつもと違ったら絶対に食べないでください。ヨーグルトには独特の匂いがあるため、匂いで変化は分かりづらいと思われます」

そして青山さんは次のように注意喚起する。

「また、消費期限や賞味期限が切れていたら食べないでください。消費期限とは未開封で、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、『安全に食べられる期限』のことです。

一方、賞味期限とは未開封で、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、『品質が変わらず美味しく食べられる期限』のこと。この場合も、期限が切れたら基本的には食べないようにしましょう」

ヨーグルトはどうするとカビが生えやすくなる?

ところでこのヨーグルト、できるだけカビが生えないようにするにはどうすればいいか。青山さんにアドバイスをもらった。

「一度で食べきれない場合には、毎回きれいなスプーンを使ってすくいましょう。また、カビなどの雑菌は高温多湿の環境で繁殖しやすくなるため、すくったらすぐに冷蔵庫にしまうなどしましょう。夏場はとくに注意が必要です」

© Excite Bit 提供

市販のヨーグルトには、プレーンヨーグルトやフルーツヨーグルトがある。とくにカビが生えやすいヨーグルトの種類というのはあるのだろうか。

「市販のヨーグルトでは大差はないと考えられます。手作りのヨーグルトは比較的カビが生えやすいです。理由は、乳酸菌以外の雑菌が混入してしまうことが原因です」

(石原亜香利)

取材協力

スギ薬局 管理栄養士 青山真奈さん

© Excite Bit 提供

http://www.sugi-net.jp/

エキサイトBitの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon