古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

リニュアルしたゲーミングマザーの最高峰──「GIGABYTE Z97X-Gaming G1 WIFI-BK」

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/27 ITMedia
リニュアルしたゲーミングマザーの最高峰──「GIGABYTE Z97X-Gaming G1 WIFI-BK」: G1 Gamingシリーズのテーマカラーは、従来のミリタリー系グリーンから、レッドに変更したことで一気にイメージが変わった。とはいえ、Gamingシリーズで採用してきた機能はそのまま引き継いでいる © ITMedia 提供 G1 Gamingシリーズのテーマカラーは、従来のミリタリー系グリーンから、レッドに変更したことで一気にイメージが変わった。とはいえ、Gamingシリーズで採用してきた機能はそのまま引き継いでいる

 GIGABYTEのIntel 9シリーズチップセット搭載マザーボードになって従来モデルからラインアップを拡張したのがGamingモデルだ。G1 Gamingシリーズは9モデル。そして、それとは別にもう1モデル、ゲーミングモデルが存在する。それがBLACK EDITIONシリーズの「Z97X-Gaming G1 WIFI-BK」だ。

●GIGABYTEマザーボードラインアップの最上位シリーズ「BLACK EDITION」

 BLACK EDITIONは、GIGABYTEが新たに追加した新シリーズだ。3モデルあるBLACK EDITIONは、G1 Gamingシリーズとスタンダードシリーズの各モデルをベースに、168時間(1週間)の耐久性試験を課し、これをパスした証として証明書を付し、さらに通常の製品よりも長期の5年保証にしている。G1 Gamingシリーズがベースとなる唯一のBLACK EDITIONモデルであるZ97X-Gaming G1 WIFI-BKは、Z97X-Gaming G1をベースに、さらにいくつかオリジナル要素を加えた。

 そこで、BLACK EDITIONとしての特徴を確認する前に、まずは、G1 Gamingシリーズとしての仕様を確認しておこう。G1 Gamingシリーズは、GIGABYTEのゲーミングマザーのテーマカラーを従来のグリーンからレッドに変更した。また、ラインアップにおける製品のグレードを分かりやすくするために、ネーミングルールに番号を取り入れた。グレードを示す数値には3/5/7を用いる。ただし、7グレードよりも上のモデルとして、「GT」、そして、「G1」もあって、G1がトップグレードになる。さらに、その上のモデルとして、今回紹介するBLACK EDITIONシリーズのG1 WIFI-BKが存在する。

 テーマカラーやネーミングルールを変更しても、マルチGPUやネットワーク機能、外観、そして、オーディオなど、ゲーミングマザーとしての機能は従来のGIGABYTEゲーミングマザーボードを受け継いでいる。マルチGPUサポートでは、G1とGTモデルにPLXのPCI Expressスイッチチップを搭載することで4-way GPU構成までサポートする。ネットワークでは、G1 GamingシリーズのすべてでKiller E2201を採用しているが、G1ではIntelのi217Vを追加したデュアルLAN構成となっている。

 Z97X Gaming G1 WIFI-BKとZ97X Gaming G1で異なるのは、製品名にもある無線接続機能(IEEE802.11ac無線LAN+Bluetooth 4.0機能)のほか、大型ヒートシンクの搭載がある。G1 WIFI-BKの大型ヒートシンクは、2つのバルブ取り付け穴を備え、水冷に対応可能な設計となっている。Z97X Gaming G1のヒートシンクは水冷非対応で、サイズもややコンパクトなので、これは、BLACK EDITION限定のポイントだ。

●M.2はないがSATA Expressはある

 Intel Z97 Express チップセットとしての機能拡張では、SATA Expressへの対応が挙げられる。2基のSerial ATAと追加の専用コネクタを組み合わせ、Serial ATA接続のほかにPCI Express(第2世代)接続としても利用できる。ただし、2014年5月の時点では対応するデバイスを購入できない。

 なお、Intel 9シリーズチップセットでもう1つの特徴となるM.2スロットは搭載していない。ただ、このクラスのマザーボードを選択するパフォーマンス重視のユーザーであれば、2台のSSDでRAID 0を構成するという手段もあるわけで、M.2に対応しないことは致命的な弱点とはならないだろう。現状、M.2 SSDとSerial ATA 6Gbps を利用するSSDのRAID 0構成では、後者のパフォーマンスが高い。

 BLACK EDITIONの168時間の耐久テストでは、実用的なシステム構成を組み上げてテストするとGIGABYTEは説明している。ゲームプレイにおいて、PCの安定性を重視するユーザーであれば、こうした安定動作も選択のポイントになるだろう。そういう意味で、Gaming G1と比べて追加機能があり耐久性テストにパスし、さらに5年保証もあるのに、Gaming G1 WIFI-BKの価格差は2000円程度となる見込みだ。とはいっても、高価なモデルではあることに変わりはなく、かつ、、生産数も限られるとのことだが、ハイエンドマザーボードに興味を持つ自作PCユーザーには、かなり気になる製品となるだろう。

[石川ひさよし,ITmedia]

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon