古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

レノボ、「ThinkPad X1」ファミリーを刷新 注目は狭額縁化+LTE対応の「X1 Carbon」

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/02/08
レノボ、「ThinkPad X1」ファミリーを刷新 注目は狭額縁化+LTE対応の「X1 Carbon」: ThinkPad X1 Carbon(第5世代)の実機 © ITmedia PC USER 提供 ThinkPad X1 Carbon(第5世代)の実機

 レノボ・ジャパンは2月8日、ThinkPadのプレミアムモデル「ThinkPad X1」ファミリーの2017年モデルを発表した。

 今回発表されたのは、クラムシェルタイプの「ThinkPad X1 Carbon(第5世代)」、ディスプレイが360度回転する2in1タイプの「ThinkPad X1 Yoga(第2世代)」とマルチモードタブレットPC「ThinkPad X1 Tablet」の3シリーズ。いずれも、1月に米ラスベガスで開催された「CES 2017」で披露されたものだ。

●ThinkPad X1 Carbon(第5世代):狭額縁化してよりコンパクトに

 ThinkPad X1 Carbon(第5世代)は、従来の14型画面を保ちつつ、狭額縁ボディーとしたことで標準的なThinkPadの13.3型モデルと同等の本体寸法を実現した。ボディーカラーは伝統的なブラックに加えてWeb直販限定でシルバーを選択することもできる。

 法人窓口での受注は2月8日から、Web直販での受注は2月10日から開始する。直販販売価格は20万円(税別)からとなる。

 画面はWQHD(2560×1440ピクセル)またはフルHD(1920×1080ピクセル)の14型IPS液晶を搭載する。プロセッサは第7世代Intel Core iファミリー(Kaby lake)を採用し、メインメモリは8GBまたは16GB、ストレージはSATAまたはPCI Express接続のSSD(最大構成で1TB・NVMe・OPAL2対応)を搭載可能だ。

 本体インタフェースは、左側面にThunderbolt 3(USB 3.1 Type-C)端子×2(うち1つはUSB PD対応)、USB 3.0端子×1、HDMI端子×1とEthernet端子×1(要変換アダプター)を備え、右側面にイヤフォンマイク端子×1とUSB 3.0端子(常時電源供給対応)を備えている。なお、従来のThinkPadに付いていた角形の電源端子は廃止された。外部ストレージは、microSDに対応している。

 セキュリティ面では、「Windows Hello」対応のタッチ式指紋センサーや赤外線カメラを搭載する構成を選択できる。指紋センサーは、FIDOベースのパスワードレス認証にも利用可能だ。

 ワイヤレス通信では、WiGig対応の無線LAN(Wi-Fi)/Bluetoothモジュールや、LTE-Advanced対応のモバイル通信モジュールを搭載する構成を選択できる。

 特に注目したいのが、日本向けX1 Carbonとしては初めて搭載できるようになったモバイル通信モジュールだ。このモジュールはSIMロックフリーで、国内では以下の通信規格と周波数帯(Band)に対応している。おおむね国内の大手携帯キャリアが利用しているBandは網羅しているが、IOT(相互接続性試験)は行っていない。SIMカードはMicro SIMに対応している。

・FD-LTE:Band 1/3/8/18/19/21/28

・TD-LTE:Band 41

・W-CDMA(3G):Band 1/6/8/9/19

 本体サイズは323.5(幅)×217.1(奥行き)×15.95(厚さ)mm。重量は最軽量構成

で約1.13kgとなる。バッテリー駆動時間は約10時間(JEITA 2.0測定値)となる。

●ThinkPad X1 Yoga(第2世代):フレームとキーボード面が完全フラットに

 ThinkPad X1 Yoga(第2世代)は、キーボードとベゼルの構造に改善を加え、タブレットモードにした時や画面を閉じた時にキーボード・TrackPointがキーボードフレームとフラットになるようにした。X1 Carbonと同様に、ボディーカラーはブラックとWeb直販限定のシルバーの2色展開となる。

 法人窓口とWeb直販での受注は4月上旬から開始する予定。直販販売価格は20万5000円(税別)からとなる。

 タッチ・ペン操作対応の14型ディスプレイは、フルHDのIPS液晶、WQHDのIPS液晶と、「完全な黒色」とAdobe RGBの色域を100%カバーするWQHDの有機ELディスプレイ(OLED)から選択できる。「OLEDモデルの受注開始はIPS液晶モデルよりも遅れる見通し」(関係者)だが、「第1世代の時ほど極端な遅れにはならない予定」(同)だ。

 プロセッサは第7世代Intel Core iファミリー(Kaby lake)を採用し、メインメモリは8GBまたは16GB、ストレージはSATAまたはPCI Express接続のSSD(最大構成で1TB・NVMe・OPAL2対応)を搭載可能だ。

 本体インタフェースは、左側面にThunderbolt 3(USB 3.1 Type-C)端子×2(USB PD対応)、USB 3.0端子×2(うち1つは常時電源供給対応)を備え、右側面にイヤフォンマイク端子×1、Ethernet端子×1(要変換アダプター)、USB 3.0端子×1とHDMI端子×1を備えている。なお、X1 Carbon同様に角形の電源端子は廃止された。外部ストレージは、microSDに対応している。

 付属のデジタイザーペン「ThinkPad Pen Pro for 2017」は、従来のThinkPad Pen Proと比べてより自然な書き味を実現しているという。使っていない時はX1 Yogaの本体にしまえば充電できる。

 また、X1 Carbonと同様にLTE-Advanced対応のモバイル通信モジュールを内蔵する構成も選択できる。基本的な仕様はX1 Carbonと同様だが、microSDやMicro SIMをピンなしで着脱できる点が異なる。

 サイズはIPS液晶モデルが約333(幅)×229(奥行き)×17.05(高さ)mm、OLEDモデルが約333(幅)×229(奥行き)×17.4(高さ)mm。最軽量構成時の重量はIPS液晶モデルが約1.42kg、OLEDモデルが約1.36kgとなる。

●ThinkPad X1 Tablet(第2世代):CPUを第7世代に刷新

 ThinkPad X1 Tablet(第2世代)は、CPUを第7世代のCoreプロセッサに刷新したことが大きな変更点で、それ以外の基本仕様は2016年モデルに準じている。

 法人窓口での受注は2月8日から開始し、Web直販での受注は4月上旬から開始する予定だ。直販価格は18万7000円(税別)となる。

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon