古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

レノボが次世代のデータセンターを見据えた新「Think」ブランドを発表

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/07/12
レノボが次世代のデータセンターを見据えた新「Think」ブランドを発表: 新たに発表されたブランド「ThinkSystem」と「ThinkAgile」 © ITmedia エンタープライズ 提供 新たに発表されたブランド「ThinkSystem」と「ThinkAgile」

 2017年7月12日、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(以下、レノボ)が、新たな「Think」ブランドと新製品を発表した。

 1つは、データセンターを構成するプラットフォームの「ThinkSystem」(シンクシステム)で、レノボのSystem xサーバを筆頭にx86サーバ群やデータセンター向けのコンポーネント製品を統一した新ブランドだ。

 一方の「ThinkAgile」(シンクアジャイル)は、レノボ製サーバとソフトウェアを組み合わせたソフトウェア・デファインド技術を採用する新ブランドで、今後はConverged HX(HCI)とDX(SDS)の各シリーズもThinkAgileファミリーに統合する。

 新ブランド名を冠した第1弾として発売されるのが、レノボサーバとMicrosoft Azure Stackを導入した統合システム製品「ThinkAgile SX for Microsoft Azure Stack」だ。Microsoft Azureとハイブリッドクラウド構築に特化した機能を備えており、オンプレミスの環境での運用が可能なプライベートクラウド環境と、Microsoft Azureを組み合わせたハイブリッドクラウド環境を実現する。発売は9月下旬の予定で、最小構成価格は4400万円〜(税別)だ。

 ThinkSystemは20製品以上がラインアップされ、7月12日から受注が始まっている。最も安価なラックサーバ「ThinkSystem SR530」の最小構成価格は32万8000円(税別)で、出荷予定日は9月5日だ。

 新ブランドの登場に合わせて、サーバ管理ソフトウェア「XClarity」(エックスクラリティ)も刷新され、ThinkSystem全体を管理するシステム管理製品群となった。システム管理プロセッサの「XClarity Controller」は、業界標準の管理プロトコルを採用したRedfishベースのREST APIをサポート。オープンな環境でハードウェア管理が容易に行えるほか、XClarity全体にわたって日本語化とGUI化を実現することで、使いやすさやユーザーエクスペリエンスの向上、導入や運用、更新といったワークロードの簡素化を可能とした。

●人も製品もブランドも新たに投入して成長を目指す

 7月12日に東京都内で開かれた発表会では、レノボ・ジャパン 代表取締役社長 留目真伸(とどめまさのぶ)氏と、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ 代表取締役社長 ロバート・スチーブンソン氏が登壇し、改めて同社の基本戦略「3-Wave Strategy」と、データセンター事業の強化について説明した。

 留目氏は「PCなりタブレットを活用した働き方改革や、ライフスタイルの提案を行う第1の波、サーバやモバイル事業で業務や生活へのインフラ提供、拡大を目指す第2の波、そしてデバイスの幅を広げ、さらにクラウドを加えることでイノベーションを創出していく第3の波を起こすことで、新たなコンピューティングサービスの提供ができると考えている。各ストラテジーで新たなデバイスを数多く投入しており、今後も強化していく」とし、「専門性が高いデータセンター事業を再定義して、新たな成長を目指していきたい」とまとめた。

 6月28日に新社長に就任したばかりのロバート・スチーブンソン氏は、「レノボは、4月からグローバルでエンタープライズ事業を改変し、カンパニー制となった。本気で取り組むからこそ、フォーカスを高めている。新たなチャレンジとして、例えるならチョモランマの山頂を目指すようなことであり大変なことだ。レノボのデータセンターチームはそれを目指している。まさに口だけではなく、本腰を入れて人も製品も投入したのがその表れだ」と自信を示した。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon