古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ワイヤレス給電「Rezence」は2015年から普及する

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/28 ITMedia
ワイヤレス給電「Rezence」は2015年から普及する: 画像:ITmedia © ITMedia 提供 画像:ITmedia

 Alliance for Wireless Power(以下、A4WP)は、5月28日にワイヤレスジャパンの会場内で行っているワイヤレステクノロジーパークで小型機器向けワイヤレス給電技術「Rezence」の概要を紹介する講演を行った。

 A4WPは、コンシューマー向けにRezenceブランドを立ち上げることで、ユーザーがワイヤレス給電規格の相互検証について確認することができるようにしているが、それに加えて、策定しているワイヤレス給電規格として、現在スマートフォンや携帯電話をカバーするBSS Ver.1.2を2013年に確定した。

 現在は、次の1.3を策定しており、これは、タブレットとノートPCをカバーすることになっている。A4WPでは、この接続を検証する認証実験をすでに行っているが、60社以上が参加して、10種類以上の充電器と10種類以上のレシーバーデザインをチェックしている。BSS Ver.1.3の策定作業スケジュールでは、2014年8月15日に最終規格を確定する予定だ。

 2013年に策定したBSS Ver.1.2では、機器間の設置位置関係は自由で、Bluetootho接続による機器制御、1台の充電器に複数のデバイスを給電できるところまでカバーした。供給電力は10〜16ワットで、レシーバ側の充電電力は3.5〜6.5ワット。対象はスマートフォンとしていた。

 2014年に策定する予定のBSS Ver.1.3では、供給電力は10〜50ワットまで、レシーバ側の充電電力も3.5〜30ワットまでと増やしており、対象デバイスもタブレットからノートPCまで拡張する。これが、2015年策定予定のBSS Ver.1.4になると、給電電力が1ワット未満から50ワットまで、充電電力も1ワット未満から30ワットまでと小電力充電に対応するようになる。対応機器は一般的な家電までカバーする。

 グラウスキ氏は、ワイヤレス給電規格の市場における普及進捗について、2015年から本格的な普及が始まると述べている。2015年から2017年にかけて前年比で2倍のシェア成長となる見込みで、その後も2020年に向けて市場は拡大していくという。

 また、A4WPが進めている磁界共振方式によるワイヤレス給電が大電力に対応できる次世代の技術として現在普及している電磁誘導方式から移行してくるだろうと主張している。ただし、対応デバイスのほとんどは現在と同じ、スマートフォンとタブレットになるという。

●重要なのは6.78MHzと2.4GHz

 グラウスキ氏は、A4WPが策定するワイヤレス給電規格のBSS(Baseline System Specification)概要も説明している。ここでグラウスキ氏が強調したのは、A4WPがBSSで策定するのは、磁界共振方式で使うPower Receiver Unit(PRU)とPower Transmitter Unit(PTU)のコイル部分となるレゾネータの仕様であることだ。PTUは充電器側にあって、PRUはレシーバとなる充電する端末側になる。BSSの規格は、PTUやPRUそれぞれのユニット全体の回路については規定するものではないとグラウスキ氏は説明している。

 さらに、規定で重要なのがPTUとPRUで磁気共振を起こすための周波数として設定する6.78MHzと、充電器側と充電する端末側を連携して充電に関連した制御を行う無線接続で利用する周波数の2.4GHzと述べている。

 現在適用しているBSS Ver.1.2では、スマートフォンを対象をしていて、PRUからの出力電力を3〜6ワットと定めている。また、PRUの出力電力と対象デバイスで7段階のカテゴリーを設定した。BSS Ver.1.2で定まっているのは出力3.5ワット、対象がフューチャーフォンのカテゴリー2と、出力6.5ワット、対象がスマートフォンのカテゴリー3のみだ。タブレットやノートPCを想定したカテゴリー4以上はBSS 1.3で、Bluetoothヘッドセットを想定しているカテゴリー1はBSS 1.4でそれぞれ策定する予定だ。

 同様に、PTUでも対応電力と対応できるPRUのカテゴリー、そしてカバーできる台数によって、クラスを設定している。BSS 1.2では、Class 2が対応10ワットでカテゴリー1〜3のレシーバを1台だけ。Class 3が対応16ワットでカテゴリー 1〜3を2台まで、または、カテゴリー4を1台、Class 4が対応25ワットでカテゴリー1〜3を3台まで、または、カテゴリー4を1台となる。ここまでは、BSSVer.1.2まで策定しており、Class 5/6/7はBSS Ver.1.3で、Class 1はBSS Ver.1.4でそれぞれ策定する予定だ。

[長浜和也,ITmedia]

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon