古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ヴィン・ディーゼル演じるドミニクまさかの裏切り!? 『ワイルド・スピード』最新作予告編

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/12/15 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 『ワイルド・スピード』シリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』より、予告編が公開された。

 本作は、全世界累計興収3800億円を超えるアクション映画。ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムらシリーズお馴染みのキャストが再集結するほか、シャーリーズ・セロン、ヘレン・ミレン、スコット・イーストウッドなどが新たに登場。撮影は、アイスランド、ニューヨーク、キューバなどで行われた。

 公開された予告編は、クリス・“リュダクリス”・ブリッジズ演じるテズが、「爆弾投下」の号令とともに巨大鉄球の投下によって、数々の車を破壊していくシーンからスタートする。さらに、ディーゼル演じるドミニクが“ファミリー”を裏切る場面や、前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』で敵役として登場したステイサム演じるデッカート・ショウと“ファミリー”が手を組もうとする様子などが描かれる。

 また、現地時間12月11日には、本作の舞台であるニューヨークのタイムズスクエアにてファンイベントが行われ、キャスト陣が登場した。当日はタイムズスクエアで予告映像が初めて披露され、ディーゼルも興奮を隠せない様子で「映画本編ではなく トレーラーなのにタイムズスクエアで流れるなんて大変誇りに思うよ」とコメント。ジョンソンも「こんなにも多くのファンがトレーラーを待ちわびている。だから本作はビッグでクールでファンのための作品なんだ」と本作をアピールした。

 なお、映画公開を記念して、ムビチケサイトでは、12月26日の12:00まで、映画前売券が最大500円OFFになるタイムセールが実施されている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon