古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

一味違う色なら、淡いデニムブルーがステキな4万円台レノボ15.6型ノート

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/14
一味違う色なら、淡いデニムブルーがステキな4万円台レノボ15.6型ノート © KADOKAWA CORPORATION 提供 一味違う色なら、淡いデニムブルーがステキな4万円台レノボ15.6型ノート

「Lenovo ideapad 320」 「Lenovo ideapad 320」  レノボ・ジャパンから、4万2595円(Eクーポンコード利用時、9月13日現在)で購入できる低価格な15.6型ノートパソコン「Lenovo ideapad 320」が登場した。主なスペックはCeleron N3350(1.1GHz)、4GBメモリー、500GB HDDで、ウェブブラウジングや動画視聴、メールのやりとり、文章作成など、普段作業をするだけで、余計な機能はいらないからなるべく安くパソコンを手に入れたいという人にピッタリの1台だ。 スタンダードでスタイリッシュな筐体一味違うカラーなら量販店モデル、シンプルなカラーならウェブモデル  Lenovo ideapad 320は、量販店向けモデルと直販モデルがあり、量販店モデルのカラバリはデニムブルー、コーレルレッド、プラムパープルの3色、直販モデルはプラチナシルバー1色となっている。量販店モデルは、なかなかほかのパソコンで採用されていない色なので、一味ちがうパソコンがほしいという人にオススメしたい。 写真はデニムブルー 写真はデニムブルー  試用したモデルのカラーはデニムブルー。ベゼルとキー、天板左上にあるLenovoのロゴ以外はデニムブルーで統一してあるのが好印象だった。個性的だが派手ではなく落ち着いた色なので、自宅やオフィスに置いてあっても悪目立ちはしないだろう。また、キー部分も黒ではなくグレーに近い色で、筐体の色とマッチしている。筐体カラーとキーの色が合っておらずカッコ悪いマシンも少なくないので、しっかり考えてデザインされているなと感じた。 キー部分はグレーで、淡い色で統一してある キー部分はグレーで、淡い色で統一してある  また、仕事で使うので個性的ではなく、よくあるカラーの筐体の方がいいという人は、落ち着いた雰囲気のプラチナシルバーを採用する直販モデルを選択するといいだろう。  Lenovo ideapad 320のサイズは、およそ幅378×奥行260×高さ22.9mmで、重さは約2.2kg。毎日カバンに入れて持ち運ぶには少し重いが、自宅やオフィスで場所を移して使ったり、必要な時にカバンにいれて持っていく程度であれば問題ない。筐体右側にDVDスーパーマルチドライブを内蔵しているが、ドライブがあるノートパソコンとしてはスタイリッシュなほうだ。薄い筐体でDVDを挿入して映画鑑賞ができるのはありがたい。 スタイリッシュな筐体ながら光学ドライブを搭載 スタイリッシュな筐体ながら光学ドライブを搭載  ディスプレーはノングレア液晶を採用し、映り込みが少なく長時間の仕事でも目が疲れにくい。解像度は1366×768ドットと低めで、15.6型なのにもったいないと感じるが、そもそも高解像度が必要なゲームや写真・動画編集などをガッツリするマシンではないので、あまり問題はない。  キーボードは、テンキー付きなので、数字を打ち込むときは役に立つ。しかし、テンキーがある分エンターキーやバックスペースキーが小さくなっており、ブラインドタッチできるようになるには慣れが必要だ。ストロークは深めで打鍵感も悪くない。タッチパッドはボタン一体型。ボタンは押すとカチっと音がして押した感があり、個人的には使いやすかった。 インターフェースは左側に集中  インターフェースは、左側にUSB 3.0端子、USB 2.0端子、HDMI端子、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、有線LAN端子、SDカードスロットを備える。右側はDVDスーパーマルチドライブしか配置されておらず、有線マウスを使う場合は左側に接続しなくてはいけないので、少し取り回しがよくない。操作はタッチパッドではなくマウスを中心にしたいという人は、ワイヤレスタイプの製品を用意したほうがいいかもしれない。  インターフェースは少なめだが、有線LAN端子やSDカードスロットなど仕事で使う際などにないと困るものはしっかりと一通りそろっている。 筐体左側に有線LAN端子、HDMI端子、USB 3.0端子、USB 2.0端子、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、SDカードスロットを配置 筐体左側に有線LAN端子、HDMI端子、USB 3.0端子、USB 2.0端子、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、SDカードスロットを配置 筐体右側はDVDスーパーマルチドライブのみ 筐体右側はDVDスーパーマルチドライブのみ 自分用マシンの1台目にオススメ  Lenovo ideapad 320は、4万円台と低価格で購入できるのが魅力のノートパソコンだ。今までスマートフォンとタブレットで十分だったけど、もう少し大きなディスプレーで作業したいという人や、初めて自分用のマシンを購入したいけど、高性能で高額なマシンは手が届かないという人は、Lenovo ideapad 320を検討してみてはいかがだろうか。 試用機の主なスペック 機種名 Lenovo ideapad 320 CPU Celeron N3350(1.1GHz) グラフィックス インテル HD グラフィックス 500 メモリー 4GB ストレージ 500GB HDD ディスプレー 15.6型(1366×768ドット) 通信規格 有線LAN(100BASE-TX)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1 内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ インターフェース USB 3.0端子、USB 2.0端子、HDMI端子、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、SDカードスロット サイズ/重量 およそ幅378×奥行260×奥行22.9/約2.57kg OS Windows 10 Home(64bit) ■関連サイト 製品情報 レノボ・ジャパン

一味違う色なら、淡いデニムブルーがステキな4万円台レノボ15.6型ノート

一味違う色なら、淡いデニムブルーがステキな4万円台レノボ15.6型ノート
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon