古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

上白石萌音、連ドラ初主演! “食べるシーン”ないグルメドラマ『ホクサイと飯さえあれば』に

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/11/15 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 上白石萌音が、2017年1月よりMBS/TBSドラマイズム枠にて放送される『ホクサイと飯さえあれば』で、連続ドラマ初主演を務めることが決定した。  漫画家・鈴木小波が講談社『ヤングマガジンサード』にて連載中の同名コミックをドラマ化した本作は、北千住を舞台にした“食べるシーン”が一切ない異色のグルメドラマ。一人暮らしを始めた大学生の山田文子(通称:ブン)が、ウサギに似たしゃべるぬいぐるみ(?)のホクサイとともに、創意工夫の自炊ライフを追求する模様を描く。  2014年に『舞妓はレディ』で映画初主演を務め、2016年は『ちはやふる -上の句/下の句-』『君の名は。』『溺れるナイフ』などの話題作に出演している上白石萌音が、主人公・山田文子を演じる。ドラマ『孤独のグルメ』『女くどき飯』の宝来忠昭、映画『ひとまずすすめ』の柴田啓佑が監督、映画『アニバーサリー』、ドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』の北川亜矢子が脚本をそれぞれ手がける。 <主演:上白石萌音 コメント>

こんなに愛らしくて、まっすぐな女の子を演じることができてとても幸せです。食べるシーンがないという、とても珍しい食ドラマなのですが、皆さんの心を温められるような、そしてお腹がグ〜と鳴ってしまうような...ほかほか美味しいドラマをお届けできるように、ホクサイと一緒に頑張ります!

<プロデュース:森谷雄 コメント>

「ちはやふる」の上白石さんの演技に魅了され、オファーしました。薬師丸ひろ子さんや斉藤由貴さんにも通ずる彼女の持つ唯一無二の清涼感。企画から2年でやっと出会えたブン役を任せられる女優さんです。

(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon