古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

世界の原油市場、在庫増でも再均衡に向けペース加速=IEA

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/16

[ロンドン 16日 ロイター] - 国際エネルギー機関(IEA)は16日公表した月次リポートで、石油輸出国機構(OPEC)による減産の効果がまだ原油在庫に反映されていないとしても、世界の原油市場はリバランス(再均衡)しつつあり、需給の均衡に向かうペースは加速しているとの見解を示した。

2017年の世界の石油需要見通しは日量130万バレル増に据え置いた。米国、ドイツ、トルコといった主要消費国の需要鈍化が背景。

3月の先進国の商業用原油在庫は3290万バレル減の30億2500万バレルで、2カ月連続で減少した。

世界の原油市場、在庫増でも再均衡に向けペース加速=IEA © REUTERS 世界の原油市場、在庫増でも再均衡に向けペース加速=IEA

ただ第1・四半期全体では2410万バレル増加。IEAによると、暫定データでは4月も在庫が再び増加した可能性が示されているという。

IEAは、リポートで「(第1・四半期は)減少に転じなかったようだが、基本的にリバランスが見られており、そのペースは少なくとも短期的に加速しているというわれわれの見解を確認する」としている。

4月の世界の原油供給は日量14万バレル減の9617万バレルだった。カナダなどOPEC非加盟国が大幅減となった。

ただIEAは、米国、ブラジル、カザフスタンでの大幅な生産拡大を受け、OPEC非加盟国の17年の生産が日量60万バレル増加する見込みとしている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon