古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

世界の指導的役割、米国退けば他国が空白埋める=国連事務総長

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/31

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 国連のグテレス事務総長は30日、対外援助や外交関連の資金拠出は米国民の利益につながるとトランプ政権に訴えていることを明らかにした。また米国が世界のリーダーとしての役割から退けば、他国が空白を埋めると警告した。

トランプ大統領は外交や援助関連の予算について、約3分の1となる190億ドル近くの削減を提案。これには国連の平和維持活動や国際機関への資金の削減が含まれる。

事務総長はニューヨーク大学でのイベントで、「米政権と議会に対し、開発支援、外交政策、国連などの機関への資金拠出が米国人の利益にもなると伝えている」と述べた。

世界の指導的役割、米国退けば他国が空白埋める=国連事務総長 © REUTERS 世界の指導的役割、米国退けば他国が空白埋める=国連事務総長

米国のような大国が世界のリーダーの座から退けば、他国がその地位を手にする可能性があると指摘。ロシアや中国だけではなく、「サウジアラビア、トルコ、イランなど地域で影響力を持つ国は、大国がスペースを空ければそこに入ってくる」と述べた。

その上で、自身が残した空白を他国が埋めた場合、様々な相互連関により国内の治安に問題が生じる可能性があると語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon