古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中国、海外軍事基地建設推進の公算 次はパキスタンか=米国防総省

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/06

[ワシントン 6日 ロイター] - 米国防総省は6日、米議会に提出した中国の軍事力に関する年次報告書の中で、中国がアフリカ東部ジブチでの初の海外軍事基地建設を完了した後、他国での海外基地建設を推し進めていく可能性が高いとの見方を示した。

また、その場合の候補国としてパキスタンを挙げた。

報告書は「中国は例えばパキスタンなど、長年にわたり友好的関係と同様の戦略上の利益を持つ国々に、追加的な軍事基地を建設しようとする可能性が高い」としている。

2016年の中国の軍事力については、莫大な国防支出に支えられ、空軍・海軍を含め全体的に向上したと分析。国防支出は1800億ドルを超えたと推定している。

中国政府発表の国防費予算は9543億5000万元(1404億ドル)だった。

中国、海外軍事基地建設推進の公算 次はパキスタンか=米国防総省 © REUTERS 中国、海外軍事基地建設推進の公算 次はパキスタンか=米国防総省

報告書はまた、中国経済の成長が減速しても、中国の指導部は「予見可能な将来」に国防支出を増やす意向のようだとしている。

パキスタンについては、中国の武器輸出で既にアジア太平洋地域の主要市場になっていると指摘した。

中国は昨年、潜水艦8隻の売却でパキスタンと合意した。

*内容を追加します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon