古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中国の6月貿易統計、輸出入とも予想上回る 今後は逆風も

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/13

[北京 13日 ロイター] - 中国税関総署が13日発表した6月の貿易統計は、輸出入ともに市場予想を上回る伸びとなった。中国製品に対する国外からの需要や、建設資材への国内需要の強さに支援された。ただ中国当局による融資抑制で今後、輸入が圧迫される可能性もある。

6月の輸出(ドル建て)は前年同月比11.3%増加し、ロイターがまとめたアナリスト予想(8.7%増)を上回った。

輸入は前年同月比17.2%増で、こちらもアナリスト予想(13.1%増)を上回る伸びだった。

貿易収支は427億7000万ドルの黒字。アナリスト予想は424億4000万ドルの黒字、5月は408億ドルの黒字だった。

6月の対米貿易黒字は254億ドルで、5月の220億ドルから増加。2015年10月以来の大きさとなった。

また、1─6月の中国と北朝鮮の貿易額は25億5000万ドルと前年比10.5%増加した。

中国の輸出は、電子機器や工業製品への堅調な需要に支援されたが、特に対米国での貿易黒字拡大は同国との貿易関係の緊張の高まりにつながる可能性がある。

また北朝鮮との貿易額が増加したことによって、米中間の外交的圧力も高まる可能性がある。

中国の6月貿易統計、輸出入とも予想上回る 今後は逆風も © REUTERS 中国の6月貿易統計、輸出入とも予想上回る 今後は逆風も

アナリストは、経済・政治リスクで上期に見られた貿易の力強い伸びが失速する可能性を指摘している。

ノムラはリサーチノートで「地政学リスクの高まりに伴う外需の不確実性や、今年上半期の人民元/米ドルの上昇のために、今後の輸出の伸びは鈍化が予想される」と指摘。

「輸入の伸びも輸出と同様に鈍化する可能性が高いとみる。(販売面で見た)不動産市場の鎮静化は国内投資の伸び鈍化につながり、輸入の伸びの重しにもなる可能性がある」とした。

鉄鉱石や石炭といった工業用原材料を中心として、輸入に対する国内需要はここ数カ月堅調さを維持している。これは住宅の供給過剰を解消したい当局の緩い規制を背景に、小規模都市で不動産需要が底堅さを保っていることが主な要因だ。しかし、アナリストはこうした需要はすでに鈍化し始めている可能性があるとみている。

キャピタル・エコノミクスの中国担当エコミスト、ジュリアン・エバンス・プリチャード氏は「中国の主要貿易パートナーの比較的明るい見通しを踏まえると、今後も輸出の好調は続く見込みだ」と指摘。

一方「政策引き締めから生じる中国経済への逆風の強まりを考慮すると、現在の輸入ペースが今後も維持できるかは疑問だ」との見方を示した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon