古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中国テンセント、子供のゲーム依存問題でプレー時間制限へ

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/04

[香港 3日 ロイター] - 中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)(0700.HK)が、人気モバイルゲーム「王者栄耀(オナー・オブ・キングス)」について、若年層ユーザーのプレー時間を制限すると発表した。子供がゲーム依存症になっているとの親や教師からの苦情に対応した。

中国テンセント、子供のゲーム依存問題でプレー時間制限へ © REUTERS 中国テンセント、子供のゲーム依存問題でプレー時間制限へ

テンセントによると、4日から12歳未満のユーザーのプレー時間が1日1時間に、12歳から18歳のユーザーは同2時間にそれぞれ制限される。この制限が中国国内だけで適用されるのか、またそれ以外でも適用されるのかについては明らかにしなかった。

同社はまた12歳未満のユーザーによる午後9時以降のログインの禁止を計画するほか、若年ユーザーが同ゲームに費やす金額を制限すると説明した。

同社によると王者栄耀のユーザー数は2億人を超え、大半が国内のユーザーで、収益は世界一を誇る。

テンセントは同社のチャットアプリ「ウィーチャット(微信)」の公式アカウントで「中国には現在、モバイルゲームへの依存を阻止する規則はないが、わが社はプレー時間を制限して子供たちに強制的にログオフさせることで保護者の懸念の払しょくに努める最初の企業になることを決めた」と述べた。

中国のゲーム業界のデータベースCNGの推計によると、同ゲームの第1・四半期の売上高は55億元(8億1047万ドル)強と、テンセントのスマートフォン向けゲームの総売上高の半分近くを占めた。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon