古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中国国家主席が香港初訪問、「一国二制度の未来確実にする」

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/29

[香港 29日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は29日、香港返還20周年記念式典に出席するため香港を訪れ、「一国二制度」の未来を確かなものにするために取り組むと表明した。

中国国家主席が香港初訪問、「一国二制度の未来確実にする」 © REUTERS 中国国家主席が香港初訪問、「一国二制度の未来確実にする」

習氏は到着後に空港で「われわれは香港社会の様々な分野の人たちと共に、香港が20年間にたどってきた独自の道を振り返り、経験から結論を導き出し、将来を見据え、『一国二制度』の未来を確かなものにするよう取り組みたい」と述べた。

記者の質問には答えず、末期がんと診断された民主活動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏に国外での治療を認めるかとの問い掛けにも応えなかった。

習氏はその後、退任する梁振英行政長官について「とりわけ治安維持に関して」に大きく貢献したと称賛した。「この5年間は決して容易なものではなかった」と語った。2014年の民主化要求デモで梁氏は警官隊を導入してデモ隊を強制排除している。

習氏が香港を訪れるのは国家主席就任後初めて。滞在は3日間の予定で、次期行政長官の林鄭月娥(キャリー・ラム)氏の就任式に出席する。数万人規模のデモが予定されており、数千人の警官が警戒に当たっている。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon