古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中国外貨準備高、6月末は3.057兆ドルに増加 8カ月ぶり高水準

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/07
中国外貨準備高、6月末は3.057兆ドルに増加 © REUTERS 中国外貨準備高、6月末は3.057兆ドルに増加

[北京 7日 ロイター] - 中国人民銀行は7日、6月末の外貨準備高が前月比30億ドル増加し、8カ月ぶりの高水準となる3兆0570億ドルとなったと発表した。2014年6月以降初めて5カ月連続で増加した。エコノミスト予想は3兆0600億ドルだった。

5月は、前月比240億ドル増の3兆0540億ドルだった。

キャピタル・エコノミクスの中国エコノミスト、ジュリアン・エバンスプリチャード氏はノートで「資本流出圧力が6月に和らいだ可能性が示唆された」と指摘。同氏は、中国の6月の資本流出額が前月の290億ドルから約100億ドルに減少したと推計している。

中国国家外為管理局(SAFE)は声明で、6月の外貨準備高の小幅な増加について、ドル以外の通貨がドルに対して上昇したことが要因だと説明。クロスボーダーの資本フローが一段と均衡する中、外貨準備高は安定的に推移すると指摘した。

ただ、仏投資銀行ナティクシスはリポートで、自行の中国資本フロー分析によると、第2・四半期の資本流出額は1441億ドルに上昇し、第1・四半期のトレンドから転換することを示していると指摘した。

中国はここ数カ月、人民元安や外貨準備の減少を食い止めるため、海外送金規制を強化している。中国当局は昨年、外貨準備を3200億ドル近く使ったが、通貨人民元はドルに対して約6.5%下落し、1994年以来の大幅な下落となった。

6月末の金準備は、735億8500万ドルで、5月末の750億0400万ドルから減少した。

*内容を追加します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon