古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中国語で歌う「初音ミク」登場 日本からも購入可能

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/09/07
中国語で歌う「初音ミク」登場 日本からも購入可能: 画像:ITmedia © ITmedia NEWS 提供 画像:ITmedia

 クリプトン・フューチャー・メディアは9月7日、中国語を発音できる歌声合成ソフトウェア「初音ミク V4 CHINESE」のダウンロード版を発売した。日本からも「SONICWIRE.COM」で購入できる。価格は1万800円(税別、以下同)。

 初音ミクらしいハイトーンな声質はそのままに、中国語の子音と母音がはっきりと聞こえるように発音のチューニングを施したという。歌詞とメロディを打ち込むと中国語で歌唱できる。声色の明るさや息の量、ビブラート、ピッチスナップ、ピッチレンタリングなど、日本語版と同等の機能を備えているという。

 中国語版パッケージのイラストは、イラストレーターの豆の素さんが新規で描き下ろした。

 初音ミクは、ヤマハが開発した歌声合成エンジン「VOCALOID 4」を採用するバーチャルシンガー。これまで日本語と英語の歌声合成に対応していた。

 クリプトン・フューチャー・メディアのWebサイトでは、中国で生産される限定パッケージ版も日本向けに販売する。ノベルティグッズなどが付属するという。価格は1万1880円。

 中国語版には、クリプトンが独自開発しているVOCALOIDエディター「Piapro Studio」のスタンドアロン版が先行して付属。Piapro Studioは他社製音楽制作ソフト(DAW)のプラグインとして動作するものだが、スタンドアロン版の提供により、アプリ単体で伴奏データとVOCALOIDを合わせて音楽制作することが可能となる。

 クリプトンの他のPiapro Studio同梱製品(初音ミク、巡音ルカ、鏡音リン・レン)はアップデートによりスタンドアロン版も提供する。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon