古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中居は裏切り者ではない! 実は違った、元SMAP3人独立騒動の裏話、Kis-My-Ft2も連鎖独立か!?

TOCANA のロゴ TOCANA 2017/06/25 株式会社サイゾー

 元SMAPのメンバーである香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎が揃ってジャニーズ事務所からの独立を決めた。この一報は直ぐに各メディアによって報じられることとなる。

「実際に契約が切れるのは9月なのにもかかわらず、はやばやと情報を公開したことから、ジャニーズ事務の激怒ぶりがうかがい知れます」(スポーツ新聞記者談)

 しかし、そんな中で今回の独立を主軸となり動かしていた中居正広はジャニーズ事務所へ残ることとなり、ファンも愕然としたという。しかし、内情を知る民放関係者によれば、中居正広は今後の独立を心に決めながらも、今回はジャニーズ事務所へ残ることを決めたのだとか。

「元SMAPのメンバーに関しては、ここまでジャニーズを大きくしてくれた功労者だからとジャニー喜多川社長は独立後も自由にさせてあげようと公言していました。しかし、これに対して反対意見を唱えたのは、ジャニーさんの姪っ子である藤島ジュリー景子とメリー喜多川母娘。他のタレントに示しがつかないとして、今後一切活動ができないように圧力をかけていたといいます。

 そこで、中居正広は自身は残るかわりに、『3人を自由に活動をさせて欲しい』とメリー喜多川に直談判したとかいう話も。ジャニーズ事務所としても、中居正広の売上は大きいため、手放したくない。折衷案として日本国外での活動ならば認めるという事になったとか」

© TOCANA 提供

 涙無くして語れないような話だが、中居は今も独立をする気持ちは強いという。

「とりあえずは1年間、ジャニーズに対して利益を上げることでけじめをつけるつもりのようです。中居としては、来年の6月の契約更新の時期までには、なんとか3人に形を作って欲しいと考えている。その上で早ければ来年の9月には合流しようと考えているようです。また、中居が可愛がっているKis-My-Ft2もSMAPの解散騒動で会社での立ち位置が以前よりも悪くなっていることを気にかけ、一緒に独立できないか模索しているという噂もあります。ジャニーズ事務所としても、今後もしフランチャイズのような形で、元SMAPメンバーの事務所が収益を上げるような仕組みを作ることができれば新たなビジネスチャンスになる。キスマイの件も含め、独立先の事務所には出資をすることに裏ではなっているという話もある」(週刊誌記者談)

 そして、一人蚊帳の外の木村拓哉にも意外な動きが。

「この独立騒動のさなかに木村は『考え事をしていた』と追突事故を起こした。この事件は例によりジャニーズから箝口令が出て民放各局は控えめムードになり、一部の新聞やネットメディアが報じた。木村はここ最近、元気が無い姿がよく見かけられているという。ドラマの視聴率も伸び悩み、映画の興行収入も大ヒットからは遠い。いわゆる『キムタク』的なわかりやすい演技が飽きられているのが現状です。SMAPのメンバーでなくなることでバラエティへの出演もほとんど無い状態。俳優しか生き残る道がないだけに、木村の焦りは一番だと言われるほどです。どこかで、元仲間たちの独立騒動を羨ましく思っているのかもしれません」(民放関係者談)

 もしかしたら、来年にでも中国でSMAP再結成なんて動きもあるのかも?

※イメージ画像:「Thinkstock」より

TOCANAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon