古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中居正広、デビュー時から続ける美容法を明かす 「ウェットティッシュで拭いてあとはおしぼり」

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/01/05 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 中居正広が司会を務める『ナカイの窓』(日本テレビ系)の1月4日放送回では、「美のカリスマSP」が放送された。 (参考:中居正広が最後に語った本音ーーラジオ番組で見せたリーダーとしての“強さ”)  人気芸能人の心の中をトークと心理分析で明らかにする同番組では、中居と毎回異なるゲストMC(主にお笑い芸人)が各テーマによって集められた有名人とトークを繰り広げる。今回のゲストには、橘内茜(スタイリスト)、GENKI(ネイリスト)、近藤惣一郎(美容外科医)、髙木琢也(美容師)、ピカ子(メークアップアーティスト)が登場し、ゲストMCはハリセンボンの近藤春菜が務めた。  ゲストの紹介コーナーでは、1日に45〜50人の髪を切っているという人気美容師の髙木に対し、中居が「カリスマは誰が言ってるの?」と質問。髙木は「みんなが」と答えると、中居が「じゃあ俺と一緒だ。俺は自分では思わないんだけど、周りが“カリスマスーパースター”って言うの」と発言し、スタジオに笑いを起こした。  普段、雑誌をメインに担当しているというスタイリストの橘内に中居が「来週の『ナカイの窓』で俺のスタイリストお願いって言えない?」と尋ねると、橘内から「ちょっと、スケジュールを確認して……」との回答が。その意外な返事に、中居は驚きの表情で「え、俺、断られるの?」と反応し、再び笑いを起こしていた。  番組では中居が、メークを落とす時の洗顔方法を「おしぼり。洗顔はしないですね」と明かし、メークアップアーティストのピカ子が衝撃を受ける場面も。近藤が「デビューされてから今までずっとおしぼりだったんですか」と再び聞き返し、中居は「そう。ウェットティッシュで拭いてあとはおしぼり」と落ち着いて説明した。すると近藤は「(中居の肌が)奇跡的な感じですか? 今」とピカ子に尋ね、ピカ子から「いや、これからだと思います」と言われた中居は驚きの表情に。ピカ子が「今までは若さという蓄積があったと思うんですけど、だいたい40代ですよね?」と尋ねると、中居が「にじゅうりょく(26)です」と動揺して噛んでしまい、スタジオに笑いが起きていた。  中居のアイドルとは思えぬ驚きの洗顔術が明かされた今回の放送。次回は「キャスティングの窓」が放送される予定だ。 (向原康太)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon